読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLACK NIGHT Vol.14

2/23

BLACKS
ワンマンライブ 「BLACK NIGHT Vol.14」
@渋谷GARRET


BLACKSのワンマンに初参加!


ライブ前にBLACKSへの花束をみんなで購入。
BLACKSらしい仕上がりになってさすがプロだなと思った^^


会場にはまなほさん手作りのチョコ(モアイ風)があって後で美味しくいただいた♪


オープニングアクトのtesoroが終わっていよいよBLACKS!


騒ぐ猿鬼を刺すからスタート!
BLACKSの1曲目にこれほどふさわしい曲はない!
熱気がほどばしる!


リズムに合わせて飛び跳ねるまなほさんが可憐でかわいらしい(*´∀`*)


最前で関さんの目の前で、ゲキアツでド迫力なプレイにテンションが上がる!!
ほどばしる汗が降りかかりそうだ(笑)


4曲目のかたつむりという昔の曲が情熱的ですごく良かった!
廃盤になってるから再度音源化してほしい!


最初の方のMCでは新曲JellyFishのPVの話に。
それぞれ役柄があって、サワダさんがラッパーで、関さんがロックスター(変態チックな感じだけどw)。
サワダさんはバンダナがなくて風呂敷をまいてるとか、コンセントがないと鳴らないラジカセを担いでるって言った裏話が面白かった(笑)
ローションはみんな被る予定が、外出たら寒かったからすぐにやめることにして、部屋でサワダさんだけが被ることになったと(笑)


JellyFishのPVはコチラ☆
http://www.youtube.com/watch?v=vn0XuSEazyA#t=27




久しぶりに演奏したというぐるぐるや、まなほさん加入前の3人時代の時からある手の中の砂を演奏したり、BLACKSの集大成的なライブ。


中盤には打ち込みサウンドでの猜疑が演奏された。
とてもいい感じだったから、これも音源化してほしいな〜。


続いて月奪。
キーボードが嵐のように吹きすさぶ感じが良い!


中盤のMCでは岩井さんが学生の頃のエピソードを。
バンド組んでリサイタル(昭和を感じるw)を開いて上手くいかなくてヤケ酒をくらったら、急性アルコール中毒になってしまったと(笑)

岩井さん
「サワダは喉に手を突っ込んでくれたり介抱してくれて、こんないいヤツだから今も一緒にやってるんですけど、関は何やってたと思います?
2軒目に行ってたんですよ!」

関さん
「今年の1年はよく飲むなぁと思ってさ(笑)」


そんな微笑ましいエピソードが語られ、3人時代の曲、miss you babyが披露された!
関さんがボーカル。
コール&レスポンスが入ってシンプルに楽しめる曲調。
今のBLACKSの雰囲気とは大違い(笑)


サワダさん
「毎回良いライブをしようとは思ってやってるんですけど、良いライブの時と悪いライブがあって。
でも、必ずライブの終わりが近づくと悲しかったり、寂しいと思ったりします。
良くないライブの時は何とかしなきゃと思うし、良いライブの時は終わってほしくないと思って。
今日もあと数曲で終わるけど、最後まで頑張ります」


サワダさん泣きそうな感じだった(´・ω・`)
思いが伝わってきた…


そして、新曲のカタルシスが演奏され、殺戮レインが降ってきた。
最近ライブで聴けてなかったから待ってました感満載!

もうここには何もない
良いことなど何もない

エモい。。


本編ラストは蜂蜜砂漠。
これも待ってた!
最高のラスト2曲だった!


アンコールでは関さんがJellyFishのPVの変態衣装で登場(笑)
ライブで毎回カメラマンをしてくれてる人をステージに上げて、GLAYが好きということで、誘惑をいきなり演奏して歌わせてた(笑)
カメラマンの人、完全にいきなりの展開だったらしい(^^;


まなほさん
「私は腹筋を使って歌うんですけど、今はもうお腹が辛いです(苦笑)
メンバーも30代に入ってきて、年齢に逆らおうと頑張ってます。
今年もよろしくお願いします」


そしていよいよラスト!
モノポールでは「僕と道連れ」の部分でまなほさんがフロアにマイクを向けてくれたので合唱♪


最後の曲は言葉!
最高!


昔の曲をたくさんやったり、ゲストもいたり、色々てんこ盛りで、正にBLACKSの集大成的なライブだった。
本当に楽しかった^^


ライブ後はライブハウスで打上が開催された。
もっとメンバーと絡みたかったなあ。


次回のBLACKSのライブはアラバキと被ってて行けなくて本当に残念。。
早くBLACKSのライブにまた行きたい!


セトリ(関さんのツイートより)

1.騒ぐ猿鬼を刺す
2.体感温度
3.刹那
4.かたつむり
5.ぐるぐる
6.メメントモリ
7.JellyFish
8.萬屋ネオジェンダー
9.手の中の砂
10.存在感情
11.猜疑
12.月奪
13.miss you baby
14.カタルシス
15.殺戮レイン
16.蜂蜜砂漠

アンコール
17.誘惑
18.モノポール
19.言葉