読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL

3/14

LUNA SEA
25th ANNIVERSARY LIVE TOUR
THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL
@大阪城ホール


5月から始まった25周年企画のファイナル!
曲何やるかなとか、大好きなのに未だにライブで聴けたことがないIN SILENCEやLOVE SONGをやってくれるかなとか、今後の発表はどんな内容なんだろうとか、色々ドキドキ。。
こんなドキドキしながら行くライブは久しぶり。。


席はSUGIZO側のスタンド席の一番後ろ。
15分押しくらいで客電が落ちて、月光のSEの中、LUNA SEAの5人が登場!
1曲目は・・・


【Anthem of Light】

やっぱりこれだよね!
『A Will』のツアーでもあるからね。
最近ようやくこの曲も悪くないなと思えてきたよ^^
エース!!!


RYUICHI
「ツアーファイナル!
今までで最高のライブにしましょう!
みんながメンバーだからな!
ファンやお客さんじゃないからな!
飛ばしてくぞー!!!
行けるかー!!!」


【Dejavu】

特効がボーン!!!
ひゃっほー\(^o^)/

初っぱなからINORAN・J・RYUICHISUGIZOが4人センター中央に一直線に集結するパフォーマンスで飛ばしてる感があって熱かった!!!

RYUICHI
「お前ら全員の声聞かせてくれ! いくぞー!」

ウォー!!!ウォー!!!ウォー!!!


【JESUS】

テンションが上がる流れ!!!
隣のお姐さん(多分30代後半くらい)のノリが良くて、より楽しい気分になれた\(^o^)/
この姐さんがオイ!オイ!オイ!の時にジャンプしてて、マネしたら楽しかった♪


【Rouge】

2010年のREBOOTで再度LUNA SEAが集まった時に初めて作られた曲。
ギターリフがカッコいい!
歌詞はKISSにも通じる艶めかしさがあると個人的には思ってる。
スレイブ女子には堪らないんじゃないかな^^


RYUICHI
「大阪は第二の故郷と思ってて、初めて機材車運転してライブしに行ったのも大阪でした。

ツアーファイナル、今日も超満で。
終幕を経て10年ブランクがあったけど、このツアーで25万人が集まってくれました!
どうもありがとう!

今日はWOWOWで生中継されてるということで、お茶の間で観てる人達もメンバーとして、狂っちゃってください!」

超満w


【銀ノ月】

嬉しい!という気持ちよりも、もうやるんだ!と正直思った^^;
欲を言えばライブの後半にやったらもっと良いんじゃないかと思う。
でも、『A Will』の曲で一番好きな曲だし、6月の松戸ぶりに聴けたから最高に嬉しくて、歌詞の世界にドップリ浸かった^^
夢を掴むために犠牲を払って、夢を叶えたってストーリーが良い^^
音源でバイオリンのところはギターソロになってた(松戸の時は嬉しさが大きくて気が回らなかった)。
これからも是非ライブで演奏してほしいと強く望む曲。


【Glowing】

スピリチュアルな雰囲気を感じるSUGIZOのギターソロからのこの曲。
スクリーンには歌詞にも通じる燃え滾る炎やマグマが映ってた。
個人的にLUNA SEAらしさを感じる曲。


【セッション】

SUGIZOのバイオリンから始まる、INORANのギターとのセッション。
今回はRYUICHIも加わって、「Close your eyes~♪」と繰り返し歌ってた。
・・・たぶん映像化もされるだろうから、正直今までのツアー通り、SUGIZOINORANの2人でのセッションにしてほしかったな^^;


【ドラムソロ】

真矢ーーー!!!
激しいドラミングで、息が上がる真矢(笑)。

真矢
「もっとこいよー!
もっとこいよー!
まだまだいけるだろ、もっとこいよー!!」

迫真のドラムを叩く!

真矢
「お前ら、最っっっ高にカッコいいぞー!!!」

フィニッシュを決めると、特効の花火がボーンと炸裂!!!
その流れからメンバーが集結して、


【BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー

ひゃっほー\(^o^)/
久々\(^o^)/
スレイブ女子がヘドバンしまくる!!!

”手を裂く破片 限りなく透明に近いブルー♪”のフレーズをRYUICHIが歌う中、
スレイブの"あーあーあーあー"というコーラスが会場に響く!

やっぱLUNA SEAはインディーズの頃の曲が最高の曲多いから、今でもセトリに入れてくれることが多くて嬉しい♪


RYUICHI
「いや~、真ちゃん!
今日はまさに降臨って感じだったね!
白い光が差してる気がした。
袖でJと話してたんだけど、飛ばしたいって。
ドラムセットごと(笑)。
それくらい感動しましたー!!

俺たち結成して、25年で。
みんな学生の頃からプロを目指して、それからずっと音楽を続けてるんだけど。
まだまだこれからだなって思ってて。
なかなかないよね25年もやっててまだ進化できるバンドって。
それもみんなのおかげです!
どうもありがとう!」


【I for You】

感謝の気持ちが込めて演奏された。
これをやるということはLOVE SONGはやらないか・・・と思った。


RYUICHI
「ツアーは消耗するものだけど、今回は違くて、スイッチが入った感じがして。
終幕前の俺達を取り戻して、進化できたと思います。
これもみんなのおかげです!
どうもありがとう!

お前たちの本当の声を聞かせてくれるかー!!
行けるかー!!
行くぞー!!
行くぞー!!」

【Thoughts】

RYUICHIが最初のサビの時に激しく暴れながら歌ってて、マイクスタンドをステージの床に叩き付けた!
ギターソロの前に「SUGIZOー!!」と叫ぶRYUICHI
明らかに普段とは違うテンション。

マイクの調子が悪いとキレるってことは知ってたけど、初めてキレたとこ観た。
何が原因だったのかは遠くだったからわからんかった^^;
しかし、そんな状態でも音は全く外してなかった。
さすがRYUICHI、としか言いようがない。


そしてJのベースソロとコール&レスポンスコーナーに。


「ラストまで飛ばしていくぞ!!!
叫べるかー!!!
オーイ!!!オーイ!!!オーイ!!!
カモーン!!!」

オーイ!!!オーイ!!!オーイ!!!オーイ!!!

この流れからはエンドリかなと思ったら・・・


【TIME IS DEAD】

これは意表を突かれた!
プライズ感あってテンションMAX!!!

TIME IS DEAD!!!WORD IS DEAD!!!

ヘドバンしたり、動きまくった!!!
TIME IS DEAD最高!!!


RYUICHI
「もぅいっちょいけるかー!!!
まだまだ行けるかー!!!
ネークス・・・ROSIER!!!」

【ROSIER】

Go\(^o^)/
セトリでの位置も盛り上がりも安定のROSIER♪

今回のJのマイクスタンドのブレーンバスターもバッチリ決まった!

RYUICHI
「スタンドー!スタンドー!
アリーナー!アリーナー!
大阪、全員で飛ばしてくぞー!!!」

最高\(^o^)/


【Absorb】

本編ラスト。
今までのLUNA SEAにはない曲調だなと思うけど、最後にみんなで歌えるところが良い^^


そしてアンコール。

メッセージが書かれた幕が客席から届けられた^^

RYUICHI
「みんな、ありがとう!
俺たち25年前はただのクソガキだったと思うよ!
でも、みんなのおかげでここまで来れました!

今日は1万2千人来てるんだっけ?
1万2千人のバンドってすごいよね。
俺たちが本体で、みんなは翼だね!

今ここは世界で一番熱いところだから、写真撮ってツイッターとかで全世界に広めてよ!」

マジか?!ってことで、みんなパシャリパシャリ!
止まらなくて、公式な記念撮影を撮った後のMCで一旦カメラしまおうかってことになった(笑)。

RYUICHI
「今日は感謝の気持ちを込めて、久々の曲を用意してきました。」


【LOVE SONG】

うわぁ…!
15年前のFINAL ACT(事実上の解散ライブ)の時から聴きたかった曲がやっと…!
REBOOT後も何回かやってたけど、タイミングが合わず。。
今回も聴けないと思ってた。。

インディーズ時代から現在に至る、PV・ライブ映像の数々が年代順に流された。
初めてLUNA SEAのライブを観に行ったCapacity ∞の映像も流れた(人生初ライブでもある)。
FINAL ACTの映像にはウッと来た(T-T)

"いつの日にか その傷も癒せるはず"

いい歌詞(T-T)

"いつの日にか この夢をもう一度"

終幕当時のこの願いが現実化したなぁとしみじみ。。

最後は会場全体で大合唱…!!!
今回のライブで最高に感動的な瞬間だった…!!!

終幕前の最後のシングルで、ファンへの感謝の気持ちが伝わってくる曲。
その想いは今も色褪せてないと感じた(T-T)


RYUICHI
「感動したよ、ありがとう!
感動したところで…バカみたいに狂っちまうか?!
1万2千人の狂喜乱舞を見せてくれ!!
行けるかー!!行くぞー!!行くぞー!!」


【Metamorphosis】

この曲はSUGIZO曰く、LUNA SEAで最強の曲!
25年やってきて今が最強と言えるのは凄いことだと思う!

混沌した世の中、人々が覚醒して、新たな次元に飛び立ってほしいというSUIGIZOの想いを強く感じる曲でもある。

Take off!!


【TONIGHT】

INORANのカッティングが刻まれる!
盛り上がる会場!!

TONIGHTは後半にやるときは、ライブアレンジが足されて曲が長くなってより盛り上がるから、前半にやるより格段に良い!!

セイ!セイ!セイ!セイ!


RYUICHI
「大阪…
全員でかかってこーい!!!
かかってこーい!!!
かかってこーい!!!」


【WISH】

I wish\(^o^)/
銀テープが前からだけでなく、後ろからも発射!
キラキラ宙を舞った^^

WISHは歌わせてくれるとこがたくさんあって嬉しい^^

ライブアレンジのINORANのフレーズは最高だし、そこから盛り上がるアレンジもテンション上がる!!

最後はラーラーラーラーの合唱♪


RYUICHI
「メンバー紹介をしようと思います!
みんなは準備があるから俺から!
アイアーム!!」

スレイブ
RYUICHIー!!!」

RYUICHI
「大阪に来て、まだ粉ものを食べてなくてね。
大阪に来て粉ものを食べないのは、お袋の味を食べないようなもので…
まずはたこ焼きを食べようと思います。
…今日は面白いこと言える気がしないから次に行きます。。

ギター!!」

スレイブ
INORANー!!!」

INORANRYUICHIに耳打ちのパティーン(笑)。

RYUICHI
「『みんな、めっちゃ好きやねん』って(笑)

ギター!!」

スレイブ
SUGIZOー!!!」

SUGIZO(生声)
「め!!!
…っちゃ好きやねーん!!!」

RYUICHI
「それいいな、俺もやろ!

(生声で)
めっちゃ好きやねーん!!!

INORANもやる?(笑)」

INORAN(生声)
「め!!!
…っちゃ好きやねーん!!!」

RYUICHI
「オンベース!!」

スレイブ
「Jー!!!」


「すげーやりにくいじゃねーか!(苦笑)。
(低音の渋い声で)めっちゃ好きやねん!」

そして真矢の番。
マイクスタンドを足で軽快に蹴りあげ…

真矢
「先週沖縄でファンクラブのイベントあって、MCで英語喋ってるから、英語で話しかけてくる人がいてさ。
英語喋れません。。
大阪、め…っちゃ困ってん!

コール&レスポンスはI am LUNA SEAで行こうか!」

(真矢「I am !!」スレイブ「LUNA SEA!!」) ×3

真矢
「Thank you very much!!」


そして最後の曲【Grace】に。
ミラーボールのキラキラした光が会場を彩ってとても綺麗だった^^

LOVE SONGが今までの全てへの感謝なら、Graceはこれからの想いというものを強く感じる。
未来を感じさせてくれる曲だ^^


曲が終わると、メンバーそれぞれが、ステージを回ってスレイブ達にあいさつしていく。
いつもは皆と一つになってからの行動なのに、これは。。

そしてみんなで一つになろうとメンバーが手を繋ぐ。
鳴りやまぬアンコールを求める手拍子。

RYUICHI
「みんな、行くよ!
せーの!」

ダブルアンコールないまま終わってしまった。。
まさか終わると思ってなかったから、一つになれずじまい。。
(そういう人たち多かったんじゃないか)

RYUICHI
「今日で俺達は立ち止まります。
しばらくツアーはやらないかもしれない。
でも俺たちには未来があるから。
更なる高みを目指すから、また会いましょう!」

え、今後の発表は?
去っていくメンバー。
呆気に取られた人たちが多分多かったと思う。

その瞬間客電が落ちて、スクリーンにメッセージが!


"LUNA SEA 25th ANNIVERSARY SINCE 1989"


"最終章 -epilogue-"


"狂い咲く毒の華"


"前代未聞の狂奏劇"


"LUNA SEAが放つ"


"史上最狂のロックフェス開催決定!"


"LUNATIC FEST."


"2015年6月27日(土)、28日(日)"


"幕張メッセ2Days"


"狂おしき奇跡のFES。"


"NEXT ACTION ! 3.20"


何と…!
こんな展開は全く想像してなかった!
LUNA SEA25周年最後の祭りがどんな展開になるか期待が募る!!


セトリ

01.Anthem of Light
02.Dejavu
03.JESUS
04.Rouge
05.銀ノ月
06.Glowing
07.SUGIZO(Violin) & INORAN(Guitar) & RYUICHIセッション
08..真矢 Drum Solo
09.BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー
10.I for You
11.Thoughts
12.J Bass Solo
13.TIME IS DEAD
14.ROSIER
15.Absorb

EN
01.LOVE SONG
02.Metamorphosis
03.TONIGHT
04.WISH
05.Grace