ハルミユ帝国

7/24

ハルカトミユキ 1st mini ALBUM ‘世界’Release Party in NAGOYA
ハルカトミユキ meets きのこ帝国
@名古屋 ell. FITS ALL


こんな対バンがあれば良いのになって思ってたのが実現!
会社を午後半休取って行ってきた。


でも、日曜日はフジロック行ってcero観ようと思ってたし、月曜日はaikoのライブ行くから、
月曜全休取ろうと思ってて。
そんな矢先この対バンが決まって、月曜全休の上に、金曜も半休はちょっと苦しいなと思った。
だから最終的にはフジロックを諦めて、金曜と月曜それぞれ半休取ることにした。
ceroのフジはまたの機会ということで。


ell. FITS ALLは名古屋駅から地下鉄2線で20分ほどで行けた。
この日は酷暑で外や階段で待ってる時が辛かった。。
会場のキャパは300人くらい。
きのこ帝国もいたからもう少し広い会場でもソールドできたと思う。


■きのこ帝国

数分押して、【MAKE L】をSEにメンバー登場。
佐藤千亜妃さんは最後に登場。今回も黒ずくめの衣装。


3列目という近い距離できのこ帝国を間近で観て、佐藤千亜紀妃さん超綺麗で、その美しさに終始見とれてしまった。。


1曲目は・・・


【桜が咲く前に】

あーちゃんがギター持ったままキーボードの前に立ったから、この曲だとわかった。
最近のライブで披露され始めた、ピアノイントロから始まる素敵アレンジ。
きのこ帝国を知らない人でも一聴すれば良い曲と思えるんじゃないだろうか。


【海と花束】

ギター1本から一気に全楽器が鳴り出すイントロがメチャクチャ格好いい!
きのこ帝国はどの曲もあーちゃんが楽しそうにギター弾いてる姿が印象的^^

"僕たちはいつも
叶わないものから順番に愛してしまう"

わかるぜ。。

 


きのこ帝国 - 海と花束 (MV) - YouTube



【パラノイドパレード】

前の曲に続き、大好きな『ロンググッドバイ』から。


"真夜中の交差点 迷子の行列
風がふいたら 夏がはじまる"

この季節に合ってて、幻想的な歌詞。


"青い花柄のワンピース
脱げかけた黄色いサンダル
飲み過ぎた道すがら
誰もが君を貶しながらも見とれてる"

繰り返されるこのフレーズに幻想的な気分になる。

パラッパ パラッパのコーラスが心地良い。

そして最後の轟音ギターアレンジが壮絶…!


佐藤千亜妃さん
「名古屋は久しぶりで、今回はきのこ帝国を聴きにきてくれた方もいると思うんですけど、
今年のツアーでは名古屋に行けなくて申し訳なかったです。
来れなかった分…ハートで演奏するんで、勘弁してください。」


クロノスタシス

『フェイクワールドワンダーランド』から。
静かな真夜中に缶ビール買って散歩する歌詞。
そんな気分でほろ酔いのようにゆらゆら踊りながら聴いてた♪
カラオケにも入ってるみたいだから今度歌ってみたい。


きのこ帝国 - クロノスタシス(MV) - YouTube



【ヴァージン・スーサイド】

同じく『フェイクワールドワンダーランド』から。
この作品のリリースツアーが名古屋なかったからかな。
特別好きな曲ってわけじゃないけど、久しぶりに聴いたらなかなか良かった。


【風化する教室】

大好きな曲!やるとは全くの予想外!
きのこ帝国はライブ毎にセトリが変わるから良い!

ララララのとこであーちゃんが手拍子して、会場も手拍子に包まれた^^

ツアー通りの流れならYou outside my windowくるかなと期待したけど、やらなかった^^;
なかなかやらない。。


佐藤千亜妃さん
「ハルカトミユキの春の雨って曲、みなさん聴いてますよね?
あの曲すごく好きで、今このタイミングでハルカトミユキとライブができてとても嬉しいです!
ハルカトミユキにも感謝してますし、
たたたかく…(噛んだw)、あたたかく…、
あ・た・た・か・く(笑)、迎えてくれた皆さんにも感謝です!

今、きのこ帝国も一生懸命曲を作ってるんですけど、
今日はその中から一曲やろうと思います。猫とアレルギー。」


【猫とアレルギー】

6月のきのこ帝国の自主企画ライブでも披露された曲。
あーちゃんがピアノで、静かめな曲。
最後は激しいアレンジになって格好いいと思った。
シングルやリード曲っぽい感じじゃないからカップリングとかアルバムに収録されると予想。


【疾走】

『フェイクワールドワンダーランド』から。
リリースツアーぶりに聴けた。

"いつかまた会いましょう"という歌詞は名古屋のファンに向けられてるんだろうなと思った。
名古屋のファンも「また会いたい」と強く思った事だろう。


佐藤千亜妃さん
「次の曲で最後の曲です。
また名古屋に来れるよう頑張ります。
私たちは東京という街に帰りますが、また名古屋で会いましょう。」


【東京】

ライブの途中から段々蒸し暑くなってきて、この曲の時は汗だくに(冷房止まってたんじゃないか・・・)。。
暑くて、エモーショナルで熱かった!
コンちゃんのドラム格好良かった!

 


きのこ帝国 - 東京 (MV) - YouTube



ロッキンで観る予定だから、また素晴らしいライブを観せてくれることに期待!


セトリ

MAKE L(SE)
桜が咲く前に
海と花束
パラノイドパレード
クロノスタシス
ヴァージン・スーサイド
風化する教室
猫とアレルギー(新曲)
疾走
東京


■ハルカトミユキ

転換時間20分未満で登場!早い!
ミユキは先月のワンマンの時とは違い、髪は降ろした状態。
ハルカは白Tシャツというラフな感じ。


【世界】

リリースパーティだからやっぱりこの曲始まり!
今までの曲にはない前向きな曲調で、ライブで聴く度に好きになる^^
1回目のサビの前にハルカが「あー!!!」と叫び声を上げてテンション上がった!


ハルカトミユキ 『世界』lyric video - YouTube



【バッドエンドの続きを】

新譜から。盛り上がる会場!

"それでもいつか後悔が答えになるように
生きるよバッドエンドの続きを
信じて"

過去の過ちを後悔して投げやりにもなるけど、それでもその先の未来のために生き続けるって歌詞がバックホーンっぽくて好き。


ミユキ
「リリースパーティーへようこそ!
さっき、きのこ帝国が言ってて気づいたんだけど、私たちもリリースツアー名古屋やってなくて。。」

ハルカ
名古屋飛ばしね。。」

ミユキ
「でも、きのこ帝国も来てくれて豪華なライブになったでしょ^^
ソールドしたし^^」

ハルカ
「きのこ帝国とは5年くらい前に、まだデビューする前に小さなライブハウスで観て、
なんて綺麗な顔で、綺麗な声で唄う…
男の子なんだろうと思いました(笑)。」

笑いに包まれる会場^^

ハルカ
「会ったら可愛らしい女の子でビックリしました(笑)。
その時は髪が今よりすごく短かったから(笑)。

今回初めて一緒にライブできて、名古屋で(笑)。
とても嬉しいです!」

自分の好きなバンド同士がお互いを好きってのが嬉しい^^


ハルカ
「次の曲は6月に出した曲で、本当はバンドアレンジなんですけど今日はミユキと二人でやります。
あなたの言葉がわからない。COPY。」


【COPY】

ハルカの唄とミユキのピアノで構成されるアレンジ。
ツアーの時と同じ編成。
このアレンジもなかなか良いから音源化してほしい。


【春の雨】

きのこ帝国の佐藤千亜妃さんが好きと話してた曲。
派手さはないけど、メロディがとても綺麗で俺もかなり好き。
マイラバっぽさがあるなと感じる。

 


ハルカ
「さあ、ここから私は踊るんで、皆さんも踊ってください!

【嘘ツキ】

今年出た曲で一番好きな曲!
ハルカがハンドマイクでグイグイ前に出て歌う!
去年までのハルカからは考えられないアクション!
「君が欲しくて 君が欲しくて」と歌うハルカは女王のようだった。



【tonight】

嘘ツキよりこの曲の方が踊れるんじゃないか?
飛び跳ねたくなる曲!実際サビでは一人飛び跳ねた。
誰も飛び跳ねない中、一人飛び跳ねたりは普段しないけど、この瞬間は恥じらいも捨てられた。
アウトロでハルカが「ジャンプ!」と煽ってようやく他にもチラホラとジャンプしてた。
飛び跳ね曲だと思うんだけどなぁ。


ニュートンの林檎】

いつもは歌詞の内容が突き刺さる曲だけど、今回は曲の勢いに身を任せた!
格好いい曲だからテンション上がる!


【振り出しに戻る】

勢いのある格好いい曲が続く!
この曲の時だったかな。ミユキが前のめりでキーボード演奏してて、キーボード台が傾いていた。
そこをスタッフが直しに登場。危なかった^^;


【マネキン】

大好きな曲!

サビで赤と緑の照明が灯っていた。

"引きずり出して飛び散った 赤や緑のハラワタ"

歌詞がこれだからだろうな。。
MCとかセトリは何となく覚えられるんだけど、曲ごとの照明の色とか演出を覚えるのは昔から苦手^^;


ハルカトミユキ 『マネキン(Full Version)』 - YouTube



ハルカ
「今日は土用の丑の日ですけど、皆さんウナギ食べました?」

何人かチラホラ。
サポメンも全員食べてた(笑)

ハルカ
「私たちを差し置いて。。」

ミユキ
「そんなに食べたかったの?」

ハルカ
「食べたかったよー。」

ミユキ
「じゃあ買ってきてもらえば良いじゃん!」

ハルカ
「・・・今からじゃ無理だな。。

東京は大雨・雷雨みたいですけど、名古屋は天気が良いですね!
東京よりも暑くてビックリしました。。
せっかく名古屋に来たのに、今夜帰ります。
弾丸なんですよ。。」

ミユキ
「でも、来月も来るよ。」

ハルカ
「まだ言っちゃダメ!!」

ミユキ
「えっ?!
(手をパンッ!と叩いて)これで大丈夫(笑)。」

ハルカ
「次の曲で最後になります。」

観客
「えー?!」

女の子ファン
「早すぎるー!!」

ハルカ
「早すぎるよねぇ。。」

それでハルカが笑い、笑いに包まれる会場^^;

ハルカ
「みなさんの声を聴かせてください」

【青い夜更け】

サビで手を伸ばすハルカと観客たち。
手に入らないものをお互い求めあってるかのようだった。


そしてアンコール。

ハルカ
「さっきミユキがチラッと喋っちゃいましたけど、来月も名古屋に行きます。
ミユキと二人でアコースティックツアーというか、ふらふらとツアーみたいな感じで回るんですけど、
名古屋はチケットもう殆どないんで、行きたいって思った人はすぐに申し込んでください。

それと10月に日比谷の野音でフリーライブをやることになりまして。
星空の下で歌いたい曲がたくさん出てきたんで、今ミニアルバムを作ってます。
今日も約束のチケットということで、サインを入れたものを終演後に私たちが直接皆さんにお渡しするんで是非来てください。

ミユキはカウントダウンもしてるよね?」

ミユキ
ツイッターでカウントダウンしてるので、是非来てください。」

ハルカ
「もっとノリノリで言いなよ~!」

ミユキ
(声色を明るい感じで)ツイッターでカウントダウンしてるんで~、是非来てください!
…いつも心込もってないって言われるけど、ノリノリで言ってるつもりなんだよ!(笑)」

最近ハルカのミユキへの態度が厳しい気がする^^;


【Vanilla】

最後はやっぱりこの曲。
去年初めてワンマン行った時から、本編ラストは青い夜更け、
アンコールはVanillaが鉄板化してるから、そろそろ新しいクライマックスになると良いな。


ハルカトミユキ "Vanilla" (Official Music Video) - YouTube

 


東京ワンマンでは最後に本人たちがチケット配るの不意打ちでロクなこと喋れなかったから、今回は決めて向かった。

野音必ず行くんで楽しみにしてます」

喋ることに集中して、握手してもらうの忘れた\(^o^)/


それにしても良い対バンだった。
またやってほしい!


そして次のハルカトミユキは来月の仙台!
アコースティック編成だから、いつもと違う曲をやるらしい。
楽しみだ\(^o^)/


セトリ

世界
バッドエンドの続きを
COPY(2人ver.)
春の雨
嘘ツキ
tonight
ニュートンの林檎
振り出しに戻る
マネキン
青い夜更け

en.)
Vanilla