イニシャルも行きの切符もまばたきも忘れたままで旅に出ている

8/29

ハルカトミユキ
アコースティックふたりツアー(不定期ver.)
'イニシャルも行きの切符もまばたきも忘れたままで旅に出ている'
@SENDAI KOFFEE CO.

行ってきました。
普段のバンドセットでやらない曲をやるということと、狭い会場ということに加え、
関東圏内でやることもあるかもだけど、今行っておかないと思い行くことを決めた。

会場まで迷っても嫌だなと思い仙台駅からタクシーで向かった。

会場はマンションの1階の喫茶店。
色んな種類のイスを席として用意しててオシャレな感じだった。

そんな会場だったからドリンクに酒があったけど、雰囲気を味わうためホットコーヒーをチョイス。
(前日から腹を壊してたのもあるけどね。。)


開演時間になると普通に観客が入ってきた出入口からハルカトミユキの二人が登場!

ハルカ
「明るくて、顔がよく見えますね。
仙台でライブするのは2年振りです。
色々会話しながら、和気あいあいとやりましょう。

嫌いでもニコニコ接してる人っているじゃないですか。
好きな人とだけ仲良くしてれば良いと思ってたら、
一番嫌いなのは、そうやって上から人を見てる自分で。
そういう曲を歌います。」


歌おうとすると早くもトラブルが発生。
ハルカのマイクがビリビリすると。。
スタッフが試したら大丈夫だったので歌うことに。


【グッドモーニング、グッドナイト】

いきなりこんなレア曲から始まるとは!
大好きな曲で初めてライブで聴けたから嬉しかった^^
めちゃくちゃ暗い曲だけど、癒される。。


ハルカ
「ボーカルの返しもらっても良いですか?
やっぱり感電しそうなんで(笑)。
なるべくマイクに近付かないように歌います。」


【世界】

今年1発目の新曲。
聴けば聴くほど良い曲だなと思う^^
ハルカが最後合唱を呼び掛けてた。

(自分含めた)みんな緊張して軽く口ずさむ程度だったけど^^;


ミユキ
「今日は久しぶりの事があって。
ここの会場は楽屋がないから、そこの出入口から入ってきて皆びっくりしたと思うんだけど(笑)。
待ち時間は二人で喫茶店で待ってて、そういうのが3〜4年振りで。
だけど、全く会話がなかった(笑)。」

ハルカ
「だってマンガ読んでるんだもん。」

読んだことないマンガで、こんなことしてる場合じゃないと思ったミユキはその後は音楽聴いてたらしい^^;


ハルカ
「人って集まると怖いと思ってて。
間違いを起こしたり。
でも、楽しそうで輪に入りたくても入れなくて。
そういう事を歌った曲を歌います。」


【伝言ゲーム】

これもライブでは初聴き!
普段のライブではやらない曲をやるとは聴いていたけど、初めの方からこんなにもレア曲やって嬉しかった♪


ハルカ
「みなさん緊張してますね。」

ミユキ
「大丈夫だよ、私たちの方がもっと緊張してるから(笑)。」

名古屋、京都と回ってきて、仙台が一番緊張してる雰囲気と後で話してた^^;


ハルカ
「じゃあ昔話でもしようかな。

小学生の時にウサギ小屋を交代で掃除するじゃないですか。
ウサギ飼ってましたよね?
ニワトリは?

その時にウサギの目を見て話しかけたりしてて。
楽しい?とかヒマでしょ?とか。」

ミユキ
「友達いなかったの?(笑)」

ハルカ
「いたとは思うけど(笑)。
で、ウサギが何言ってるのかわからなくて。
どうしようもない事が世の中にはあって、これからもたくさんそういう事があるんだろうなって子供心に思って。
むなしいなって思ったんですけど、そういう事を歌った曲をやります。」


【未成年】

ハルカトミユキのワンマンには去年の11月から行き始めて、毎回必ずやっている曲の1つ。
思い入れが深いんだろうな。


ハルカ
「今日は制服の子達もいますね!
もう学校始まったの?」

JK
「講習があって」

ハルカ
「そうなんだ!
こういう風に話しかければ良いんだな(笑)。」

ちなみにこのJKさん達は俺のすぐ隣に座っていた。
こんな若くから知る人ぞ知るアーティストを好き同士で、しかも一緒にライブに行けて良いなと思った。


ハルカ
「昨日はミユキの出身の宇都宮でラジオ局とかCDショップにプロモーションに行ったんですけど、全然人がいなくて。
仙台は人が多くて良かったです(笑)。」

ミユキ
「仙台は5大都市だから!

宇都宮って映画館とかスーパーが1つにまとまってて駐車場は満車なのに全然人がいなくて。。」

ハルカ
「建物自体に人がいなかったもんね。」

ミユキ
「どこに行ってるんだろう。。

来週宇都宮の母校でライブやることになって、幼稚園から高校まで同じ敷地内にあるから、みんな来てくれたら何千人にもなると思うの!
すごい緊張するけど楽しみです。

宇都宮に人がいなかったって話してみたら?」

ハルカ
「宇都宮でそんな話出来るわけないじゃん。。

学園祭出たいと思ってるんで、(さっき話しかけたJK達に向かってニコッと笑って)呼んでください!」


ハルカ
「次はミユキの好きなバンドの曲のカバーをやります。」

ミユキ
「じあ…」

ハルカ
「まだ言っちゃダメ!(笑)。」


星空のディスタンス

アルフィーのカバー。
1フレーズだけ披露。
原曲は知らないけど、なかなか良かった^^


銀河鉄道の夜

間髪入れず。
GOING STEADYのカバー。

俺は青春パンクって呼ばれてるバンドに興味がなくて、ゴイステもそのカテゴリに入ってると思い込んでたから、【BABY,BABY】くらいしか知らない。
このカバー聴いて、ちょっと当時の自分がもったいなかったなと思った。


ハルカ
「ミユキの好きなTHE ALFEEの【星空のディスタンス】を1フレーズだけカバーしました。」

ミユキ
「初めてライブを観たのがアルフィーで。
ミュージシャンってこんな髪が長い人達なんだ!って思いながら観てた(笑)。
その時はこんな良い曲ばかりだとは思わなかったんだけど。」

ハルカ
「そうだったんだ。」

ミユキ
「3歳だったから。
お母さんに何回も連れてかれてた(笑)。」

ハルカ
「次にカバーしたのは私が大好きなGOING STEADYの【銀河鉄道の夜】でした。
シャウトしながら歌うのが私には出来ないから憧れでした。

もう1曲カバーをやります。
こないだ対バンしたんですけど、勝手にカバーしようと思います。」


【東京】

1フレーズだけではあったけど、きのこ帝国も大好きな俺にとってこのカバーは最高だった!


ハルカ
「きのこ帝国の【東京】でした。
こないだ名古屋で対バンしたんですけど、良い曲だなって思って。
ボーカルの佐藤ちゃんが東北出身なんで、いつか北の地でも対バンできたらって思ってます。」


ハルカ
「次は久しぶりの曲をやるんですけど、
不幸なニュースを楽しんでる人とか観ると平和ボケしてるなって嫌悪感を感じて。
なぜ嫌悪感を感じるか考えると、自分もそういう風に思ってるからということに気付いて。
そういう曲を歌います。」


【絶望ごっこ】

レア曲キタコレ!
今回のライブは初期の2枚のEPからの曲が多かった。
本当にどの曲も良い曲ばかり。。


【アパート】

ハルカ
「好きな人といる時って世界の中心にいるような気分になるじゃないですか。
世界の中心のボロボロのアパート。」

そう言い、歌い始めた。

初めてハルカトミユキのライブを観た去年のアラバキでも演奏してた曲。
その時振りに聴けて嬉しかった^^
(今思うとフェスでレアな曲をやったんもんだと思う。良い意味でね)

同じ宮城でこの曲を再び聴けて、ちょっとした運命的なものを感じた。


そして…

ハルカ
「その世界の中心を失って、ただ道端でしゃがみこむしかなくて、ふと見上げた空の色。」


【マゼンタ】

ストーリーのある曲の流れで良かった。
この曲はマゼンタ色の野音の空の下で歌われたら、とても素敵だろうな^^


ツアー恒例の質問タイムに。

客A
「女性なのに歌詞の一人称を『僕』にするのは何でなんですか?」

ハルカ
「最近は『私』も使うようになったんですけどね。
私は詩も書いてるんですけど、詩の時は『私』が多いです。
『僕』にするのは男とか女とかじゃなく、もっと根本的な人間の事を書くので使ってます。

後は森田童子が好きなんで。」

と言い、『僕たちの失敗』をちょろっと弾き語っていた。


客B
「仙台で何か美味しいもの食べましたか?」

ハルカ
「食べたー!!
○○○(店名忘れた…)って牛タンの店で!」

ミユキ
「名古屋では食べる時間なくて、京都では店が閉まってたんだよね。。」


ハルカ
「なかなか質問ないよね。似てるのかな私たちに。」

ミユキ
「逆の立場だったら質問できないよね。」

ハルカ
「うん。
京都はグイグイ来る感じだったんですよ(笑)。」


そんな話をしてたら3番目の質問に。

客C
「今度出るミニアルバムでオススメの曲ありますか?」

ハルカ
「良い質問ですね!
ちょうど次にやろうと思ってたんですよ(笑)。

ミニアルバムの1曲目に入ってる『肯定する』って曲で、何があってもあなたを肯定するって曲で、ずっと書きたいことがやっと書けた曲です。」


【肯定する】

【世界】に通じるものを感じる、前向きな雰囲気を感じた。
新しいミニアルバムは6月のワンマンをフルで収録したDVDも付くから楽しみだな^^


ハルカ
「質問タイムで伝え忘れてたんですけど、10月3日に日比谷野外大音楽堂でフリーライブをやります!
今日は一枚一枚サインを書いた約束のチケットを持ってきたので、貰った人は必ず来て下さい(笑)

次は野音でみんなと一緒に歌いたい曲を歌います。」


【宇宙を泳ぐ舟】

現時点でリリースされている最新曲。
素敵な曲名。
野音で聴けたら、とても素晴らしい感動を得られるだろうな。


ミユキ
「お酒飲んでますか?
おかわりも出来るのかな?」

ハルカ
「良いですねぇ!
お酒をステージドリンクにしてるボーカリストもいますよね。
気持ちも上がるんで飲んでみたいんですけど、私は喉がそんなに強くないので。。」

ミユキ
「外側だけお酒にしたら?
ウィスキーで(笑)。」

ハルカ
「しかもウィスキーか(笑)。」


【middle】

ハルカ
「歌うことを思い出させてくれた曲です。」

と言い、歌われた曲。
去年のロッキンとかワンマンでも披露されてた。
なかなか音源化されないけど、フルアルバムに収録されるかな?
他にライブだけで披露された新曲たちも。。


【COPY】

間髪入れず。
この曲の二人Ver.が音源化されれば良いのにと思ってたから、ライブが映像化されることになって良かった。


ミユキ
「名古屋、京都と回ってきて、ここが一番広いですね。
京都はここの半分くらいの広さで同じだけ人が入ってたから、ギチギチだったよね。

ここはイスも全部違うし、今日はどういう感じでイスを選んだんですか?
好きなイスに座ったんだ!
じゃああなたとは同じ趣味ですね(笑)。」


【Vanilla】

本編最後の曲。
初めてハルカトミユキのライブを観たときの1曲目の曲。
ワンマンでは必ず最後の方にやるけど、何か理由があるのかな。
質問してみたかった。。


一度会場を出て、アンコールで戻ってくるのが割かし早かった(笑)。

ドライアイス

本当にラストの曲。

今回のライブ行って本当に良かった。
行かなきゃ後悔するレベル。。


最後に二人から野音の約束のチケットをゲット。
4〜5枚持ってるから仲間連れて行きます、と伝えた。
野音フリーライブ大成功すると良いな!


セトリ

グッドモーニング、グッドナイト
世界
伝言ゲーム
未成年
星空のディスタンス(THE ALFEEのカバー)
銀河鉄道の夜(GOING STEADYのカバー)
東京(きのこ帝国のカバー)
絶望ごっこ
アパート
マゼンタ
肯定する(新曲)
宇宙を泳ぐ舟
middle
COPY
Vanilla

en.)
ドライアイス