読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Step Into My World

10/1

ストレイテナー
Step Into My World TOUR
@新潟LOTS


【ネタバレ注意】

今年リリースされた『COLD DISC』のレコ発ツアー後半編。

近場の開催が平日だったから、どうしようかな~と思ってる間に先行の申し込みがことごとく終了していた。

夏フェスが終わり、ツアー後半が始まって改めて日程を見て、土曜日開催だった新潟に行くことに決めた。


新潟LOTSはラジオ局に併設されたキャパ1000も行かないくらいの箱。
9年前にACIDMANのワンマン観に1度行ったことあるけど、昔すぎてどういう箱か完全に忘れてた。。


ライブは5分押しで開演!
お馴染みのMpls Rock and RollのSEが流れてメンバー登場!

ひなっちのベースのイントロ。
一曲目は…

【Dark City】

歌詞に今回のツアー名が歌詞に入ってる曲。
ツアーらしい始まり!
ツアーにようこそ感満載(^ ^)


【PLAY THE STAR GUITAR】

OJ加入後のアレンジのイントロがすごく良い!
数年ライブで聴けなかったと思うけど今年聴けたのは2回目。
やっぱこの曲があると嬉しい!

オーオーオーオー\(^o^)/


【The World Record】

引き続きオーオーと歌える曲♪
最近の2枚のアルバムの中で一番カッコ良い曲だと思う!
踊れる♪


【The Place Has No Name】【Ark】と続き、【シンデレラソング】!!

イェー!!!
【シンデレラソング】は勢いあってテンション上がる!!


【Man-like Creatures】

トリップ感溢れる名曲。

"君にはただ現実から目を背けた救いがあるだけさ"

この歌詞最高!
現実から目を背けようとも救いがあるだけ良いよね。


【Goodnight,Liar Bird】

新譜から。
これぞテナーの暗い曲って感じ。
懐かしい感じがする。
間奏のピアノはOJが弾いていた(^ ^)


ホリエ
「前(のライブで)も言ったかもしれないけど、新潟の人達はこういう暗い曲好きでしょ?(笑)
次の曲は明るい気分で歌いたいと思います」


【NO ~命の跡に咲いた花~】

戦争にNOを言い放ち平和を願う曲。
最近ようやくこの曲のメロディが好きになってきた。
名曲。


STRAIGHTENER - NO~Inochi no Ato ni Saita Hana



【DAY TO DAY】

ゴツいイントロが格好いいけど、歌の部分とのギャップにどうしても違和感を感じてしまう(^^;


【冬の太陽】

狂おしいとしか言いようのない曲。
振り絞るようにオーオー歌った。


ストレイテナー - 冬の太陽 (Dir:須永秀明)



ここでMC。

ひなっち
「俺たちのMCには出口が見えないんだよ。
ストレイテナーだけあって真っ直ぐなんだけどさ。
ただ行き先がわからないw

ホリエ
「ゴール決めた方が良いかな?
フォーリミとかブルエンみたいにw
一点に集中した感じでw」

ひなっち
「お題決めてもらった方が良いんじゃない?
会場のみんなに?
時間かかりすぎるかw」

ホリエ
「個人的な感覚だけど今回のツアーはMCで新潟のみんなが一番笑ってくれてるw」

ひなっち
「新潟優しいなw」


他にも色々話してたけど、概要はこんな感じ。


Alternative Dancer】

待ってました!
新譜で一番好きな曲\(^o^)/

Earth,Wind & Fireっぽい曲だなって思う。
この曲は手を上げて盛り上がるというより、自由に踊りたくなる♪


【Wonderfornia】

前作から。
暗い気分も吹き飛ばしてくれて楽しい気分にさせてくれる曲(^ ^)


続いて意外と思った【Brilliant Dream】と前作から【彩雲】を披露。


【覚星】

新譜ラストの曲。
アルバム最後は【Force】で良いような気もするけどメロディが綺麗な良い曲(^ ^)

からの


【原色】

新譜の始まりの曲!
始まりにふさわしい曲だと思うけど、ライブの1曲目に持ってこないのがテナーらしいと思う(^ ^)

自分は自分のままでいたいという思いが歌われた曲。
共感!


【シーグラス】

アラバキ、ジャパンジャムビーチ、ロッキンと今年の色んなフェスで聴いたことを思い出す。

爽やかでキャッチーな曲だけど、最後のサビの前半から後半に移るとこの激しいドラムのフレーズが好きすぎる!
キャッチーさとのギャップが!


STRAIGHTENER - Sea Glass



2日前の東京公演で【FREE】を演奏して、ひなっちがイントロを間違えたからまた演奏したいと言ったら、「ダメ~!!」とホリエに却下されてたw


かわいくピースするひなっちw

ひなっち
「もう40になるのに何やってんだかw」

シンペイ
「俺ら空想上の生き物だから良いんだよ」

ってことで再びかわいく楽しそうにピースするひなっちw


シンペイ
「ライブが終わったら金沢への移動の3時間が待ってる」

ホリエ
「い~~~~~?!」

ステージから姿が見えなくなるホリエ。
orz←この状態になってたらしいw

シンペイ
「知らなかったの?」

ひなっち
「俺がさっき車の中で教えたじゃん。
スケジュール表にも書いてあるし」

ホリエ
「うん、知ってた」

シンペイ
「え、じゃあオレ騙されてたの…?」

ひなっち
「原色の歌詞みたいになってきたなw
もう一回やるか!w」

この後のMCでもホリエは金沢移動が嫌だって言ってたw


【From Noon Till Dawn】

本編も終盤!
盛り上がる会場!
間奏のホーンの部分をOJがギターで再現するようになったのが良い♪


【TRAVELING GARGOYLE

タコレ!!
イントロ聴いた瞬間にテンションが一気に上がって前に突っ込んだ!
やってくれて最高に嬉しかった!!


【Melodic Storm】

ド定番だけど良い曲(^ ^)
最後の"BLOW THE MELODIC STORM"の合唱はやっぱりシンペイパートを歌っちゃう♪


ホリエ
「ライブが幕を下りようとしています。
皆さんの人生の中に僕らの音楽がある事を誇りに思います」


【Curtain Falls】

新譜の綺麗な曲の中で一番好きな曲。
メロディとアレンジが心にグッと来る。

"ずっと昔から知ってる
メロディーを新しく感じて"

この歌詞はホリエがずっと温めていた歌詞らしい。
素敵な歌詞だと思う(^ ^)


【Force】

本編ラスト。
最後のサビでテンポが上がるのが良い!
やっぱり最後にふさわしい曲だと思う。
『COLD DISC』名盤だわ!


アンコールでメンバー再登場。

ホリエは自分の好きなブランドが作り直したツアーTシャツを着ていた。
丈が短くて、スカイジャンボリーの帰りに空港で出会ったファンが着てくれてたんだけど、巨漢だったから面白いことになってたようだw


どのタイミングか忘れたけど、この日ホリエはメンバーから「リーダー」と呼ばれてたw


この日はOJがテナーに加入して8周年の日だったけどMCで話題になかなかならず。
観客から「おめでとー」的な声があり、メンバーが「今日何の日だっけ?日本酒の日??眼鏡の日」ってトボけてたw

OJ加入8周年を祝い、いきなりひなっちレッチリの【Around The World】のイントロを弾き出した!
それに乗ってシンペイOJも演奏に参加!
この曲大好きな俺にはゲキアツな瞬間だった♪


スカパラ谷中さんが「日本のアントニオ・バンデラス」とブラジルの人が言ってたという話題に。
現地の人がそんなこと言うのすごいねと。
じゃあOJは?ってことでシンペイが「日本のエルヴィス・プレスリー」と話してた(^ ^)


そしてライブも遂にクライマックス!
シンペイがあの曲の前のお約束の煽りを叫ぶ\(^o^)/

【BERSERKER TUNE】!!

最狂に盛り上がる会場!!
でも、最近の途中のひなっちのベースラインのアレンジあんま好きじゃない(^^;


【ROCKSTEADY】

ラスト!
去年の夏くらいから始めた新たなアレンジ(僕らは行かなくちゃ~の部分が速くなってる)で披露!
このアレンジ好きだから音源化してほし~!!
最高!!


危うくこのツアー行かないとこだったけど、行って本当に良かった!!
色んなバンド好きだけど、自分の音楽の趣味やアーティストの音楽性の変化で10年以上聴き続けられるアーティストは少ないので、テナーの存在は貴重!

近いうちにまたテナーのライブ行きたいなぁ~!


セトリ

Dark City
PLAY THE STAR GUITAR
The World Records
The Place Has No Name
Ark
シンデレラソング
Man-like Creatures
Goodnight,Liar Bird
NO ~命の跡に咲いた花~
DAY TO DAY
冬の太陽
Alternative Dancer
Woderfornia
Brilliant Dreamer
彩雲
覚星
原色
シーグラス
From Noon Till Dawn
TRAVELING GARGOYLE
Melodic Storm
Curtain Falls
Force

(en.)
BERSERKER TUNE
ROCKSTEADY