読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルカトミユキ5周年記念ツアー

2/25

ハルカトミユキ
+5 ANNIVERSARY TOUR 2017
@赤坂BLITZ


ハルカトミユキのデビュー5周年記念ツアーのファイナルに行ってきた。


数日前に今回のライブはイスが設置されてることをツイッターの公式アカウントで知った。


スタンディングが基本のライブハウスにイスを設置するということは、チケットがソールドに遠く及ばなかったということ。


アニバーサリーツアーなのに本人達無念だろうなとか、何でこんな良い音楽が世間から見向きされないんだとか、複雑な気分で会場に向かった。


10分ほど押しで開演!
ミユキやサポートメンバー達は暗めの色の衣装だったけど、ハルカは真っ赤なノースリーブのワンピース姿で登場!
とてもステキだった^ ^


【光れ】で始まり、2曲目は【DRAG & HUG】!
去年リリースされた新譜の頭の流れを再現!
爽やかな幕開けとなった^ ^


ハルカトミユキ 『DRAG&HUG』(8/3先行配信)



【Hate You】

ハルカトミユキの曲の中では珍しく楽しげな曲(歌詞には毒があるけど)。
ハンドクラップしたくなる曲♪
ミユキがちょろっとMVの踊りしてた^ ^


ハルカ
「5年間の間に変わったりすることもあって、それは仕方ないと思います。
でも、希望を歌いたいという気持ちは変わっていません。
今日みなさんが笑顔になれなくても良いんです。
上手くいかないことばかりだけど、1ミリでも明日も生きても良いかなって思ってくれれば。
デビューしてからずっと歌っている希望の歌を歌います。」


ドライアイス

去年の野音ライブでこの曲が希望の歌だと知ったけど、とても暗い曲調と歌詞だからその真意が自分にはまだわからなかった。。


【その日が来たら】

いつからか定番曲から外れて、今回久しぶりに聴けて嬉しかった。

暗くてエモくて大好き。


ハルカトミユキ 『その日がきたら』



【Pain】

去年出た新譜から。
爽やかな曲や踊れる曲が増えてきたけど、そういう曲も良いけど、こういう暗い曲も相変わらず作っていて安心する。

"ねえ僕にはもう忘れたいこと
忘れたいことがあるよ"


ハルカ
「新曲をやります。
限界なのに、それに気付いてない私たちの歌です。」


【終わりの始まり】

暗い曲の流れで、この曲もダークな曲調だった。
Aメロの雰囲気がバックホーンの【コワレモノ】に似てた!


ハルカ
「1曲ミユキと2人で演奏します。
今日はイスを用意させてもらいましたので、良かったら座って聴いてください。

デビューする前の年の3月11日に私たちは人生で初めてのちゃんとしたレコーディングをする予定でした。
その次の日はアーティスト写真撮影の予定で、デビューに向けて動き出していました。
そんな中、東日本大震災が起きて。
当然レコーディングは中止になって。
なんでこんな時に邪魔が入るんだろうって、まず自分のことを考えてしまったんですね。
でも、音楽ってオニギリ1個にもならないし。
自分のやってることは何なんだろうって。
でも東京は浮足立っていて、ミュージシャンの一部は"今こそ音楽の力だ"って言ってて。
自分にも他人にもすごく腹が立って。
そんなグチャグチャな心で書き殴るように書いた曲をやります。」


【絶望ごっこ】

ほとんど照明が落とされた中で、2人の後ろに吊るされた球体の照明が良い味出してた。

最後の"ここは平和だな"って歌詞にすごく皮肉を感じた。


【春の雨】

暗い曲が続いた中で、一筋の光が見えたような感覚を覚えた。
とても綺麗で心落ち着く名曲。


【夜明けの月】

イスに座ったハルカが本を持って詩を朗読した後に静かに曲が始まった。

去年リリースされた新譜のラストの曲。

愛に溢れた感動せずにはいられない名曲。
今回聴きたい曲の1曲だったから嬉しかった。。


【奇跡を祈ることはもうしない】

これもポエトリーリーディングから始まった。

奇跡を祈ることはもうしない。
全ては自分次第という強い意志を感じさせる壮大な一曲。


【Are You Ready?】

これから盛り上がる時間が始まることを予感させるインタールード的な曲。


【見る前に踊れ】

ダンスビートが効いた曲。
去年出た新譜の中でもかなり好きな曲!

"踊れ 踊れ 踊れ Baby"

の歌い方がかわいかった^ ^


【トーキョー・ユートピア

踊れる曲2連発!

最初の方、ハルカがタオルを首にかけて、シャドーボクシングっぽいことしてた。

途中ハルカのマイクをミユキが奪い取って歌って、ハルカがマイクをミユキから奪い返して歌って、またミユキがマイク奪って…といった演出があって楽しめた♪


【伝言ゲーム】

1stアルバムの曲だけど、このツアーで初めて生で聴けた曲。
音源とは違い、盛り上がるアレンジになってた!
冒頭でミユキがオイオイ煽ってた^ ^


【バッドエンドの続きを】

この曲待ってた!

絶望に打ちひしがられても、その先にある何かを信じて生きていこうとする内容の歌詞に何度聴いても感動せずにはいられない…!


ハルカトミユキ 『バッドエンドの続きを(ワンマンライブ '世界' より)』



ニュートンの林檎】

定番のアッパーチューン!
ハルカ歌詞トばしてたw


ミユキ
「5年間、順風満帆ではなかったけど、ライブの時は楽しくて。
もっと良い曲作りたいとか、もっと良い景色を見せたいと思ってました。
みんなのおかげで5年間続けてこられました。
ありがとうございます。
上手く言えなくてごめんね!笑」


ハルカも5年の間に後悔したことや心折れそうになったこともあったけど、みんなのおかげで頑張ってこれたし、これからもよろしく的な事を話していた。


【Vanilla】

本編ラスト。
痛みに満ちた曲。
やっぱこういう曲にハルカトミユキの真髄があるな…と思う。


アンコールでは今回のグッズの"BEYOND THE BADEND(バッドエンドの続きを)"Tシャツ姿で登場。

メンバー紹介をして、もう1曲新曲を披露することに。


【嵐の舟】

何となくLUNA SEAのミディアムテンポの曲のような雰囲気を感じた。
こっちの新曲の方がより好き。
リリース早く!


ハルカ
「発表があります。
9月2日土曜日に3度目の日比谷野外音楽堂に立たせてもらうことになりました!
1度目は一昨年でフリーライブの形でやらせてもらってその時はおかげさまで満員になって。
去年はチケットを販売したんですけど、埋めることが出来なくて。
今度こそ席を埋められたらと思っています。

そしてもう一つ。
アルバムを出します。
5周年記念盤のベストという話もしましたが、野音でやるからにはオリジナルアルバムを出します!
6月にリリース予定なのでこれからすぐに制作に入ります。

野音のチケットを持ってきたので、今日も約束を持って帰ってもらえたらと思っています。」


嬉しい発表だった^ ^
今度こそ満席の景色を2人が観れたら良いな…と思った。


【世界】

暗い曲で終わることが多いハルカトミユキだけど、爽やかな曲で締められた。
やっぱ最後は爽やかな気分で終わった方が良い気分になる^ ^
良いライブだった!!


終演後野音のチケット買いに行ったら、2人が見送りしてた。
「良いライブでした、また楽しみにしてます」って伝えられて良かった^ ^


セトリ

光れ
DRAG & HUG
Hate You
ドライアイス
その日が来たら
Pain
終わりの始まり(新曲)
絶望ごっこ
春の雨
夜明けの月
奇跡を祈ることはもうしない
Are You Ready?
見る前に踊れ
トーキョー・ユートピア
伝言ゲーム
バッドエンドの続きを
ニュートンの林檎
Vanilla

(en.)
嵐の舟(新曲)
世界