In Colors

4/30

ART-SCHOOL
TOUR 2018 「In Colors」
@恵比寿LUQUIDROOM


アートの『In Colors』のリリースツアーのファイナル公演に行ってきた。


この日は3連休中のハードスケジュール(27日深夜にバスでアラバキへ向けて出発→28日アラバキ→その後夜行バスで29日朝に東京に帰還→29日はそのあと学生の頃のバイト仲間と引地台でBBQ)の疲れで一日中家で横になってて、出掛けるのが億劫になっていた。


新作を良さがわかるほど聴き込んでなかったのもライブ行くモチベーション上がらなかった理由の1つ。


いや、それが最大の理由だったんだと思う。


聴き込んで好きになったところで、ツアーが終わったらほぼやらなくなって定番曲ばかりのセトリになると思うと聴き込む気にならなかった。


だからこの5年くらいアートの新譜は全然聴き込んでない。
それでもチケットを買ってしまったのは何かしらの期待をしてたからなのだろうけど。


そんな中、ライブに行くモチベーションが上がるかもと思い、ツアーのセトリネタバレを確認。


マンネリなセトリかと思いきや、レアで大好きな曲をやってたので一気に行きたくなった!


電車で行くと開場時間に間に合わなさそうだったから、ノリでチャリで行ってみることに(途中から五叉路が2~3あってわかりにくかったり、坂道が多かったりで軽く後悔した)。


整理番号がBの一桁台で後の方かと思ったら割と早く入れたのでスムーズに前方のブロックに行けた。


余談だが、リキッドの喫煙はアイコスオンリーになってた。。。
バーでアイコスも売ってた。。。


更に余談だが、観客の中に会社の人物を見かけた。
どう見ても本人だったが、後日聞いたら"何のこと?"ばりの回答だった。
見間違いなわけは絶対にないのだが。。。


まぁ、どうでもいい。。


ライブは10分押しくらいで開演!
お馴染みのエイフェックス・ツインの曲をSEにメンバー登場!


リッキーはデニム(?)のキャップに真っ赤なトレーナー姿。


ギターはリッキーのシンボルマークに等しかったフライングVではなくなっていた。。
時の流れを感じた。。


ライブは『Flora』の【Beautiful Monster】から開始!


"くだんねぇオレだって くだんねぇ君だって
白鳥になれそうな ただそんな気がするんだ"


希望を感じさせる曲。
これが今のアートのモードなのかな。


新譜から【Touching distance】【Dreaming Of You】を立て続けに披露(後から聴き直したら2曲とも、特に【Dreaming Of You】を気に入った!)。


前方は結構な盛り上がりに!
10年くらい前のアートのライブじゃ皆んな棒立ちだったからその頃とは大違い。


フェスでは盛り上がってたけど、遂にワンマンでも盛り上がるようになったか!


どっちかの曲でダイブしてる人もいたし。


最近の曲では定番化してた【Promised Land】が演奏されるとMCに。


トディ
「今日は木下さんが殉職するくらい燃え尽きて帰る所存です」


リッキー
「…。」


トディ
「殉職には突っ込まないんだ?w」


リッキー
「今日は話したいことが色々あるから。
…。

…。」


ウケるw


トディ
「話したいこと色々あるんじゃなかったの…?」


リッキー
「プライベートのことからでも良いかな。
最近プロテインを飲み始めて。」


トディ
「"こんな木下理樹は嫌だ"
"ムキムキである"
"ムキ下理樹"

なんでプロテインの話からしたの…?」


笑ったwww


リッキー
「今日は最後まで僕らの熱量が伝わればいいなと思っています。
懐かしい曲を。」


【ウィノナライダーアンドロイド】

インディーズ時代の曲。


"君はあまりに無知で 軽薄であばずれだ Yeah"


荒れた世界観^^;


【ローラーコースター】

現メンバーになる前の最後のフルアルバム『14SOULS』から。


存在を忘れてたけど、改めて聴くと良い曲だった。。
そんな曲がたくさんあるんやでアートには。。


【FLOWERS】

アートのライブに行きまくっていた10年以上前に良くやっていた曲。


"空っぽの君でいいさ
そのままの君のままで
俺は俺で 君は君だ
俺は俺で"


学生時代も社会人になってからも変人扱いされ蔑まれ続けてきた俺には当時この歌詞に救われたなぁ。。
良い曲だ!!


リッキー
「俺は見た、スカートの色。」


トディ
「…。」


リッキー
「そういう曲をやります。」


【スカートの色は青】

去年配信のみでリリースされて、新譜にも収録された曲。


穏やかで切なく美しいメロディの曲。
懐かしいアートって感じがして良い。


ここでコーラスゲストにUCARY & THE VALENTINEさんが登場。
金髪のショートヘアーでかわいらしかった^ ^


トディ
「UCARYさんはアートにいつもイノセントな歌声を添えてくれてます。」


そして新譜から【光のシャワー】【OK&GO】を披露。


【OK&GO】はリード曲にもなって、これも穏やかで美しい名曲。


"からかわないから笑って"という歌詞が印象的。
これからもライブでやってくれると良いなぁ。


ART-SCHOOL「OK & GO」MUSIC VIDEO


リッキー
「華があるよね、UCARYさんは。」


トディ
「そりゃあるでしょう。」


リッキー
「…。」


何か変な雰囲気になって、中尾さんも困った表情してたwww


トディ
「なんで一言で終わっちゃうの…?」


リッキー
「話したいことあったんだけど、曲や歌詞に集中すると言葉が出てこなくなっちゃうんだよ。
いつまで経ってもMC上手くならないな。」


トディ
「MC上手くいったと思うとこあります?」


リッキー
「…札幌かな。」


トディ
「札幌?!」


中尾さん
「言うと思ったw」


札幌でどんなMCしたかは語られず。。
ちょっと気になる^^;


あと、中尾さんが上下縦シマ模様の服装でパジャマみたいに見えたwww


【YOU】【フローズンガール】を披露してUCARYちゃんは役目を果たしていった。
良い声だった^ ^


どちらの曲も現メンバーになってからの曲。
やっぱり良い曲を作り続けてるなぁと思った。


リッキー
「楽しんでますか?

(客席の)後ろまで照明照らせますか?

(照らされてしばらく眺め)

…。

…。

頑張りまーす!」


www


トディ
「春の曲をやります。」


フリージア

セトリネタバレを見て聴きたい!と思った曲の1つ!
色々な思い入れがあるから。。


"あぁ この哀しみが
あぁ この憎しみが"


エモいし、癒される。。。


freesia / ART-SCHOOL


そして新譜から【evil city/cool kids】【Tears】が披露され…


【サッドマシーン】!!

この曲から俺の中で火が付いて前に進んで弾けまくり始めた!


定番の【Real Love/Slow Dawn】をやると、【ジェニファー '88】を披露!!


この曲がネタバレ見た時に1番聴きたくなった曲!!


大好きだったけど、ライブ行きまくってた頃は全然ライブでやらなかった曲だから嬉しかった!!


夢中で恋してる子がいるときに聴くと本当最高の曲。
懐かしい気分になった^ ^


リッキー
「松本でも話したんだけど、盲目の少女がお母さんに手を叩くのを合図に歩いてて、その姿がとても綺麗で、僕もそんな風に生きたいと思ったんだけど…、生きたいと思ってます!
そんな曲をやります。」


【ロリータ キルズ ミー】

初期からのライブ定番曲!
何度聴いても上がる!!
俺も美しく生きていきたい…!!


新譜から【All the light We will see again】を披露すると本編ラストに定番の【スカーレット】を演奏!!


トディとの共作曲を最後に持ってくるのが熱かった^ ^
大いに盛り上がって本編終了!


ART-SCHOOL - Scarlet


アンコール。


トディ
「明日は何やるんですか?」


リッキー
「寝てるか…。
プライベートなことでもいいの?
整体w」


頽廃的なイメージあるけど、プロテインの事といい、アラフォーともなればリッキーも健康に気遣うようになるんだなぁw


トディ
「スタッフから紙を渡されたんだけど…
木下理樹生誕祭今年もやります!
10月13日土曜で場所はここですね。
オールナイトのようです。。」


歓声!


トディ
「めちゃくちゃ愛されてるじゃん!
うなっちゃうんですかね。。
オールナイトやれるの?」


リッキー
「昼間に寝れば大丈夫。
その日で僕は40歳になるんですよ

あと、言ってなかったけど、東京に出てきて20年になるんだよね。」


トディ
「じゃ俺は15年だ。」


色々めでたい!
これは行きたいぞ!


トディがやってる4バンド(ART-SCHOOLMONOEYES、Ropes、Crypt City)全部出るかみたいなことを冗談っぽく話してた。
実現したら熱い!!


そして再びUCARYちゃんに加わってもらうことに。


UCARYちゃん
「お疲れ様です。」


リッキー
「…。大丈夫?
これから(アンコール)始まるんだよ?」


UCARYちゃん
「長いツアーお疲れ様です。」


この人たちは普段もこんなぎこちない会話をしてるんだろうか^^;


トディ
「明日は別のバンド(MONOEYES)のツアーの初日だから、今日しっかりと締めてくださいね。
切り替わらないから。」


リッキー
「…。」


トディ
「締める気ある…?」


リッキー
「…。
いいとも!って言っとけばいい?

今日が1番楽しかったです。
どうもありがとう。」


新譜ラストの曲【In Colors】が終わるとUCARYちゃんは去って行った。


再び4人になったアート。
続くは…


SWAN SONG

"腐りきった感情で
もがく度に落ちていく
どうでもいい、でも一度
心の底から笑ってみたいんです

苦しくて逃げ出して
心ならとっくに焼け落ちた
はいつくばってみっともないな
でも今日はそんな風に思うんです"


希望を感じさせる曲が多い今回のツアーにふさわしい曲^ ^


トディの轟音ギターが最高だった…!!


そしてアンコール最後の曲は…


【ニーナの為に】

アート聴き始めた頃から大好きな曲だったけど、なかなかライブで聴くことが出来なかった曲!


めっちゃ嬉しかった!!
アレンジ変わってるから再録するかライブ音源出してほしい!!


この曲も【ジェニファー】と同じ懐かしい気持ちを呼び起こしてくれる曲^ ^


曲が終わってメンバーは去って行ったけど、アートならもう一回出てきてくれるとみんなわかってるから、更なるアンコールを求める手拍子が起こった!


そして期待に応えて再々登場!!


トディ
「アンコールありがとう。」


リッキーはマイクスタンドに置いたファイルを後ろに片付けた。


トディ
「歌詞カード置いたwww」


あれは楽譜じゃなくて歌詞だったのね(°_°)
長年の勘違いが判明。。


リッキー
「全力でした、どうもありがとう。」


本当の最後の曲になったのは【FADE TO BLACK】!!
最後の曲といったらやっぱこれなのね!


でも、アンコールで弾ける曲なかったから、嬉しかった!!


最高の気分のままライブ終了!!


正直ここ数年アートから心離れていたけど、アートに癒され、支えられ、救われてきたことを思い出したし、今もアートの音楽は心に響いてきた。


また近いうちにアートのライブ行きたい!!


セトリ

Beautiful Monster
Touching distance
Dreaming Of You
Promised Land
ウィノナーライダーアンドロイド
ローラーコースター
FLOWERS
スカートの色は青
光のシャワー
OK&GO
YOU
フローズン ガール
フリージア
evil city/cool kids
Tears
サッドマシーン
Real Love/Slow Dawn
ジェニファー '88
ロリータ キルズ ミー
All the light We will see again
スカーレット

In Colors
SWAN SONG
ニーナの為に

FADE TO BLACK