ARABAKI ROCK FEST. 14 4/26

今年も行ってきました!
7年連続参加。
去年と同じく東バカメンツで\(^o^)/


今回のパーティーは俺・キリカ・拓朗・ゆかりちゃん・ゆうさん・ヒロの6人。
朝6:10に東京駅で待ち合わせて、新幹線で仙台へ。
弁当食べたりビール飲んだり喋ったり。

駅に着いて今回来れなくなったしゃものチケットをmixiで募集した人に譲って、会場行きのシャトルバスに並び始めた。
その時ゆかりちゃんの指摘で気付いた。
「ちゃっちさんチャック空いてるよ・・・」
ガーン(゜ロ゜;
さっきチケット譲った女の子も気付いていたんだろうか。。
なんてこったい(゜ロ゜;

そんな感じでバスに乗り込んだのが9:10くらい。
今回トップバッターのceroが観たくて、この時はceroのことしか頭になかった。
しかし、ステージがメインの入場口から一番遠い磐越で。
会場までの所要時間通りに着かないとまず間に合わない。
そして渋滞でどんどん遅れて、着いたらダッシュしてでも行ってやると思ってたが、やっと到着したのがceroの出番の5分前。。
磐越はバス降りるとこのすぐ近くのステージだから音漏れだけでも聴くか…と思ったら、キャンプサイトの入口からすんなり入れた!
ここから入れるのは事前に知ってたけど、キャンプの人達が長蛇の列で並んでるのを見て、終わったと思ったんだけど、まさかキャンプしない人用の入口があるとは…。
去年までなかったからラッキー!!


cero

ということで早速ぼっちになったけど、野外でceroを観たいという思いが叶ってワクワク♪

今回の編成はサポートのベース・ドラム・トランペットを入れた6人。

高城さん
「25分しかないからノンストップでやりますね!
あ、物販あるから買ってください。ステッカーがもらえるんで」

【船上パーティー】から始まり、2曲目はceroとの出会いの曲【マイ・ロスト・シティー 】♪
リズムに乗って自然と体が動き出す♪


3曲目は【Comtemporary Tokyo Cruise】。

”いかないで光よ 私たちはここに居ます 巻き戻しして”

このブリッジで繰り返す部分のメロディーがとても良い^^


4曲目は【Yellow Magus】。
ファンクのリズムが心地良い♪

高城さん
「7/6に仙台でライブやるんで良かったら来てください!
え?…すごい時代だなぁ
『土曜日?』って。
後でカレンダー見てね(笑)
あ、日曜日だって(笑)」


最後は【さん!】
さわやかなラスト♪

どの曲も楽しくて踊れて本当にナイスミュージック!
もっとたくさん聴きたかった~!


セトリ

船上パーティー
マイ・ロスト・シティー
Comtemporary Tokyo Cruise
Yellow Magus
さん!


拠点のはたはたへ移動。
桜が綺麗に咲いていて、桜吹雪が舞っていた^^
そして、ゆうさんと共に花笠へ。



N’夙川BOYS

ベースレスの男女混成の3ピースバンド。
曲ごとにパートがくるくるとチェンジ!
新曲がなかなか良かった!
ギターのシンノスケが柱に登ってギター弾いたり、
ボーカルのマーヤがお客さんの上に立ったり(「落着け!お前ら落ち着くんだ!と連呼してたw」)、
やりたい放題だった(笑)
リンダかわいい^^
音源持ってないからとりあえず聴いてみたいと思った。


セトリ(セトリ!!!より)

プラネットマジック
ジーザスフレンド
Candy People
物語はちと?不安定



■ゲスの極み乙女

Jロック好きの間で人気急上昇中のこのバンド。
一回ライブ観てみたいとは思ってたけど、花笠の広さじゃ間違いなく激混みで楽しめないだろうなと思い、
裏のFBYを観るつもりだったが、夙川が終わってほとんど人がはけちゃったから残ることに。
(結局激混みになったけどね。。)

登場するとメンバー4人で一斉に踊りだした!
ドラムのほな・いこかがかわいかった^^
ゲス極を音源で聴いてあまりピンと来なかったけど(ボーカルの川谷絵音のもう一つのバンドindigo la Endのが好み)、
1曲目の【パラレルスペック】は気に入った!
しかし、前の方にいたらギュウギュウの中で押し合い圧し合いで将棋倒しになりかけたりで辛かったので、楽なゾーンまで避難。

ゲス極は去年のアラバキの新人出演に募集したけど、落選したと話していた。
運営側に先見の明がなかったようだ^^;


セトリ(セトリ!!より)

パラレルスペック
餅ガール
キラーボール
ぶらっくパレード
ドレスを脱げ


ステージもう少し広めのとこにしとけば良かったのにな。。
そのせいで人が大量に押し寄せて、他のステージに行こうとしたけど全く進まないから、
次観ようと思ってたPeople In The Boxはあきらめて酒飲んだりしてた。



ASIAN KUNG-FU GENERATION

拠点でみんなと合流してアジカンの出る陸奥へ移動。
途中でコマツ・ひよしに会えた^^


1曲目は【夜を越えて】!
好きな曲だったから嬉しかった♪

”遠くの街の出来事がニュースになっても
僕らはいつも他人事にして忘れてきたんだ
本当にこれで良いのか
僕らはあまりに無力なんて君が嘆いても
それでも何時かは何かを成し遂げてみたいんだ ”

人間一人ができることって本当に少ないけど、多くの人があまりに色んな事を他人事にしすぎて来てしまったと思うんだよね。
微力でもたくさん集まれば大きな力になるから出来ることをやろうと、そういう思いにさせてくれる曲。


ゴッチ
「フェスで新曲をやるとみんなポカーンとした顔になって、流れの中で穴が空いちゃった感じになっちゃって。
俺達が新曲を届けたいって気持ちが空回りしてるんじゃないかって、毎回仙台の居酒屋で反省会を泣きながらしてるんだけど…
今日も懲りずに新曲やります」

というわけで4曲目に新曲【スタンダード】を披露!
ゴッチがハンドマイクでステージの前の飛び地に移って熱唱!
これは音源化が楽しみ♪


その後はみんな大好き【リライト】【君という花】で盛り上がったけど、
俺的にはその後に続いた【踵で愛を打ち鳴らせ】【今を生きて】の方が嬉しかったな。
最近のアジカンもたくさんの人が聴いてくれたら良いのになぁ。

フェスのアジカンは昔の曲ばかりのことが多いから個人的にはあまり期待してなかったけど、
今回はなかなか良かった^^


セトリ

夜を越えて
マーチングバンド
ソラニン
スタンダード(新曲)
ローリングストーン
リライト
君という花
踵で愛を打ち鳴らせ
今を生きて



BRAHMAN

BRAHMAN出ないかなぁと期待してたら最終発表でキタコレ!
俺のこの日のメイン!

2曲目の【賽の河原 】で火がついてモッシュが起きた!
そこに俺も突っ込む!楽しい!

しかし、砂ぼこりが半端ない。。
タオルを顔に巻きながらモッシュしてたら半端なく息切れた。。

続いて【BEYOND THE MOUNTAIN】と【SEE OFF】のコンボ・・・殺す気か(笑)
息苦しいから砂ぼこりの中タオルで口ふさぐのをやめてモッシュ
途中から単なる息切れとは違う苦しさを感じるようになったから、
モッシュするのをあきらめ、砂ぼこりがあまり届かないところまで後退。。

【警醒】ではいつも通りTOSHI-LOW降臨!!
モッシュしたかったけど、グッと我慢。。

そして恒例となった長いMCに。

TOSHI-LOW
「13歳の時に初めてギターとアンプを買ったけど、教則本が難しくてすぐ挫折して。
その代わり2年間ずっとシド・ヴィシャスが客を殴るフォームを練習してた。

それで最近思ったのは自分には…音楽が足りないということだった。
それで歌を練習したり、ギターを練習したりして。

昨日は雪で延期になったSTEP IN FUKUSHIMAってイベントにHIATUSが出れなくなったから、細美武士っていう40過ぎてるのにキラキラした気持ち悪いやつと一緒に弾き語りをし たんだけど、ACIDMANストレイテナーに『すごい良かった!話が』って言われた。。
さっきは警備員さんに『ブラフマンズ』って呼ばれて。。
まだまだ前途多難なアラフォーです。

震災から3年経って、世の中良くなったかというと、原発の事故が収束してもないのに原発を再稼働しようとしてるアホな首相、東北の沿岸は更地のままなのにオリンピックやろうとしてる首都。
何も変わってねぇ。

でも、俺は変わった。
3年前じゃ関わらなかったようなジャンルも世代も違う仲間がたくさんできて、今日も多くの友達に会った。
辛い三年間はこのためにあったんじゃないかと思った。

アラバキはこんな田舎のフェスとか思ってたけど、一昨年に出て、去年はオーバーで出て、AIR JAMもやって、この景色も自分の故郷のように思えるようになってきました」


TOSHI-LOWのMCはオチがあって面白いし、いつの間にか真面目で熱い話になって、今回も笑わせてもらったり、熱い思いになった。

最後の曲は【鼎の問】。
スクリーンに福島原発事故収束のために働いてる作業員の写真と言葉が何枚も映し出された。
この人たちが危険な目に遭ってるおかげで、みんな何とか安全に暮らせてるから感謝の思いもあるし、非常に申し訳ない気分にもなる。
脱原発するために俺も少しでも頑張っていこうと改めて思った。


セトリ(ツイッターより)

汀に咲く
賽の河原
BEYOND THE MOUNTAIN
SEE OFF
CHERRIES WERE MADE FOR EATING
時の鐘
月の夜
ANSWER FOR…
警醒
Placebo
霹靂
鼎の問

 

 

その後ははたはたに戻り、SIMをチラ観。

PA裏で10人くらいが一斉に2ステップしてる姿を観て、

オタ芸みたいだなと思ってしまった(笑)。



■サプライズ弾き語り

レキシを観たいなぁとちょっと思ってたけど、みんな明日早いから早めにホテルに帰りたいってことで帰ることにした、が・・・

磐越側の出口に向かってたら、磐越の近くの小屋の前に人だかりが出来ていて、中を観たらホリエとひなっちが弾き語りしていた!
これは絶対観たかったので、テナーはあんまりって人には先に帰ってもらい、キリカとちょっと強引に拓朗に残ってもらい観ることに。
小屋はSOUND SHOOTERの出店で、恐らく塁さんが企画してくれたのだろう。

OJはいなかったけど、シンペイがコーラスで参加。
新曲も披露!
途中で細美も観てることに気付いた。


セトリ

Farewell Dear Deadman
BRAND NEW EVERYTHING
ワンダーフォーゲル(新曲)
ネクサス


そして今度は細美さんとホリエでの弾き語り!
細美さんは「グッズは『アラバキ』って書いてあるのは収益が東日本ライブハウス大作戦とかに寄付されるから、これ以外は買わなくて良いからな!」と2回くらい話してた(笑)

【ROCKSTEADY】をまず演奏し、続いてエルレの【金星】と【Make A Wish】を演奏!
そろそろエルレ観たいと思ってたから熱かった!
ホリエ「お前らも歌えよ!」ってことで大合唱!
早めに帰ろうとしなかったら絶対観れなかったから、最高の偶然だった!


セトリ

ROCKSTEADY
金星
Make A Wish


その後は仙台駅からホテルに行くのにも、部屋に行くのにもちょっと大変だったけど、良い一日だった!

2日目に続く!