KYO-MEI対バンライブ in KAWASAKI Vol.2

5/24

THE BACK HORN 
KYO-MEI対バンライブ in KAWASAKI Vol.2
@川崎CLUB CITTA
ゲスト:ORANGE RANGE


【ネタバレ注意】


2月から始まったツアーのセミファイナル公演!


今年はバックホーンのライブに行ってなかったから、久々に観たいなと思って、会社半休取って行ってきた。


定刻通りまずオレンジレンジのライブ開始!


オレンジレンジは大学の頃流行ってたけど、チャラいイメージがあって、ほとんど聴かなかったし、フェスに出てても観ることはなかった。


今回の対バン相手としても全くそそられる事はなかったのだが…


冒頭からノリやすい曲を3連発!
盛り上げるのも上手いし、良い感じだった!


3曲演奏終わるとMCに。


この3曲の様子を見ると、誰を観に来たとか、音楽性がとか関係なくみんなが盛り上がってた的な話をしてた。


で、沖縄の方言で少しでも関わったら仲間や兄弟や家族だみたいな言葉(忘れてしまった…)を教えてくれたりした。


オレンジレンジバックホーンは真逆のイメージのバンドで、例えるなら熱帯魚と深海魚、それでも対バンに呼んでくれたバックホーンの懐の深さに感謝!と話していた^ ^


その後も楽しめる曲を連発!
【SUSHI食べたい】って曲が印象的だった^ ^


1曲、バックドロップボムのドラムとナマハゲと光舟がゲスト参加!
光舟はLEDのような光る小さい電球みたいのがたくさん付いたベースで演奏してた。
後で将司が光舟格好良かったって誉めてた^ ^


最後の方ではゴリゴリな格好いいミクスチャーロックを連発!
最近全然聴いてないけど、ミクスチャーロック(ラップメタルと言った方が正しいかな)やっぱ良いなと思った。


というかオレンジレンジ本当良かった!
昔流行った知ってる曲は一切やらなかったけど楽しめた。
聴かず嫌いはやっぱダメだな。。


セトリ

オボロナアゲハ
イケナイ太陽
お願い!セニョリータ
Special Summer Sale
SUSHI食べたい
リアル・バーチャル・混沌
GOD69
チェスト
キリキリマイ


そしてバックホーン!


栄純は半年前に短めにした髪型をキープ。
この方が格好いい^ ^


光舟は超短髪、マツは変わらず、将司は白シャツ姿。


一曲目に【魂のアリバイ】!
ぶち上がるのをブッ込んできて、一気にテンション上がった!
オレンジレンジが良い空気を作ってくれたのもあって、会場の盛り上がりもすごかった!


続いて【ビリーバーズ】!
あんまり好きな方の曲じゃないけど、久しぶりのバックホーンだから何でも楽しい!


普段の短めのライブのセトリにはない流れが続いたけど、ここで安定の【声】を演奏!
盛り上がりまくる会場!
楽しい\(^o^)/


ここでマツのMC。
オレンジレンジは自分達を熱帯魚、バックホーンを深海魚と言ってたけど、深いところでは繋がってるというような話をしていた^ ^


【始まりの歌】

今年リリースされたシングル【あなたが待ってる】のカップリング曲。
ほとんど聴いてなかったから新曲を聴いてるような気分だった。。


【罠】

ダークな世界観を出してきた!
定番曲に荒ぶる会場!

"胸の奥に走る痛みを どうかずっと忘れぬままで" 

この歌詞が響いた。。


ジョーカー】

ダークな世界がより深まっていく…
古くからのファンからしたらヤバい選曲だけど、本人達はどんな気持ちで演奏したり歌ったりしてるんだろう。。


【ヘッドフォンチルドレン】

古くからのファンのツボを刺激する曲を連続で披露!
将司がピアニカを吹いていた。

"声を聞かせて" "歌を聴かせて" の部分でいい感じの合唱^ ^ 

間奏での光舟の口笛もいい感じ^ ^


ここで長めのMC。


オレンジレンジは制作期間なのにこの対バンのためだけに東京に来てくれて感謝してるとマツ。


栄純はオレンジレンジの曲が格好良くてリハで踊りまくって汗だくになったという話。


光舟がバックホーンが深海魚ってのもわかるけど、濁った川の中にいる淡水魚って感じもするよなという話をして、そっから釣りの話題に。


マツが虫が苦手だからイクラをエサに釣りをするって話したら、それをメンバーがそれも食物連鎖だよなみたいに広げていき、マツが釣りの話をここでそんなにしても…みたいに突っ込んでたw


【あなたが待ってる】

2月にリリースされたシングル。
宇多田ヒカルと組んだ優しいバラード曲。
宇多田ヒカルのハモりがないと少し物足りない印象もあった。
来年、結成20周年でライブやるだろうから、その時ゲストで宇多田ヒカル来てくれたりしないかな^ ^


そしてライブもいよいよクライマックスのゲキアツゾーンに突入!


【覚醒】

超久々!!
演奏の前に光舟のとこにマイクスタンド置かれたから【刃】かと思ったら!

一時期大好きだっただけあって久しぶりに聴くとやっぱり良い曲だと思った!

"今 悲しみを 越えてゆけ"

最後のこの歌詞最高…!!


【上海狂騒曲】

キタコレ\(^o^)/
最高にテンション上がって前のモッシュゾーンに突っ込んだ!

キー下がってた気がしたけど関係なく楽しめた!

"せえので駆け抜けろ"とか"脳天貫いた"等のメロディの部分を客に歌わせてくれて熱かった♪


【コバルトブルー】

【上海】でテンション上がりきったこのタイミングでの【コバルト】は最高だった!!

イントロの段階でダイブしてる女の子がいてちょっと笑えたw

"だけど俺たち 泣くためだけに 生まれたわけじゃなかったはずさ
ただひたすらに生きた証を刻むよ今"

何度も何度も聴いてきた歌詞だけど、込み上げてくるものがあった…!


シンフォニア

本編ラスト!

激しい曲が続いたのにダイバー少なめだったし、危なげにモッシュしてる人もいなかったし、良い感じで楽しめた\(^o^)/

そしてアンコール。


【With You】

リリースから半年くらい経って、ライブでも何回か聴いたけど、バックホーンらしからぬストレートなラブソングに正直ピンと来ない曲だった。

でも今回久しぶりに聴いて、メチャクチャ良い曲だと思った…!
歌えるようになりたい!


マツ
「来年はバックホーンは20周年を迎えます。
初期から聴いてくれてる人、10年前から好きな人、最近ライブに来るようになった人、今日初めてバックホーンを観た人もいると思います。
色んなタイミングでバックホーンに出会った人がいると思いますが、来年はそのみんなが楽しめるような年にしたいと思ってますので、よろしくお願いします!」


将司
「10月の野音やマニヘブのツアーの発表があったけど、今日はもう1つ発表があります!
7月5日に新曲を出します!
今からやるからから聴いてくれ、【孤独を繋いで】」


【孤独を繋いで】

曲名からしてまたしっとり目な曲かなと思ったら勢いある感じだった。

イントロで栄純と光舟がオーオー歌って、憂いのあるメロディ。
【バトルイマ】と【ダストデビル】両方の要素を持った曲という感じがした。

久々の勢いある新曲。
リリース楽しみだ!


そしてラスト!


重低音には重低音でお返しということで、オレンジレンジのベースのYOHさんが参加!
バックホーンでダブルベースは初というレアな事に!


将司
「また会おう!!
また生きて会おう!!」


【刃】

やっぱ最後はこれだよね!
バックホーンにハマり出した頃からやってる曲だけど、今でも最高にテンションが上がる!!

いざ、ゆこう!この命ある限り!!


曲が終わると今日はマツの誕生日ってことで、オレンジレンジからスイカが送られて、マツが志村けん食いしてたw
オレンジレンジはそれを見守っていたw


バン良かったし、バックホーンのセトリもゲキアツだったしで、すごく楽しめた!
行って良かった!


バックホーンが20周年に向かって色々動き出してるから、再びバックホーン漬けになりそうだ!


セトリ

魂のアリバイ
ビリーバーズ

始まりの歌

ジョーカー
ヘッドフォンチルドレン
あなたが待ってる
覚醒
上海狂想曲
コバルトブルー
シンフォニア

With You
孤独を繋いで
刃(ゲストベース YOH)