The Holy Night 2017

12/23

The  Holy Night 2017


毎年恒例になってきたクリスマスの時期のLUNA SEAのライブに今年も行ってきた!


去年に引き続き付き合ってくれた会社の同僚のチャンプに感謝!


席はアリーナ後方のSUGIZO側。
ステージのスクリーンにはスタンドグラスや多くのロウソクの火のような映像が映し出されてて荘厳な雰囲気。


20分以上押して開演!
月光のSEで登場して1曲目は…


【STORM】

なんど!
この曲から始まったライブは初めてなのでは?
意外さがあって良かった!


【Dejavu】

鉄板!!
特効が炸裂!!
毎回やるのに本当飽きないわぁ!


RYUICHI
「アリーナ!お前たちの声を聴かせてくれー!!」


あれ、スタンドは?と思ったけど、この後もところどころで"アリーナ"と煽ってたし、さいたまスーパーアリーナRYUICHIなりに略したんだな^^;


RYUICHI
「ケガしなきゃ何しても良いからな!」


ここ数年よく言うね^ ^


【TRUE BLUE】

飽きてた時期もあったけど、一周回ってここ数年は好き^ ^


最後の方のSUGIZOの"ギョワァァァギョワァァァ"と轟くギターが最高!!


【Sweetest Coma Again】

準定番に近い曲。
好きだから嬉しいけど、この曲が入ってるアルバムが1番好きだから、もっと色々やってくれたらより嬉しいな!


RYUICHI
「新しいアルバム『LUV』を出したので、そこからもやらなきゃね!
【Hold You Down】!」


LUV』の冒頭3曲、【Hold You Down】【Brand New Days】【誓い文】を立て続けに演奏!
3曲とも明るくてポップでキラキラしてる。
祝福されてるかのよう^ ^


一発で好きになった同アルバムの【BLACK AND BLUE】はやらなかったからツアーで聴けると良いな!


【Limit】

「飛ばしていくぞー!」by RYUICHIってことで、『LUV』にも収録された去年リリースの勢いある曲を披露!


【I'll Stay With You】

続けてそのカップリング曲。
復活後のLUNA SEAには珍しく暗めでしっとりした曲。
RYUICHIもギターを演奏。


【Absorb】

復活後のオリジナルアルバム1枚目から。
リリースツアー以降このアルバムからの曲ほとんどやらないけど、もう少し増やしても良いと思う。


ドラムソロとベースソロで盛り上げた後は…


【BELIEVE】

アンコールでやるってイメージだから新しさを感じた!
サビの前でジャンプするのが楽しい♪


RYUICHI
LUNA SEAはあと少しで30周年を迎えることになって、立ち止まったこともあったけど、早いもので動き出してからの時間の方が長くなりました。
感謝を込めて。【I for You】。」


【I for You】もほぼ毎回やるけど一周回って良いと思えるようになってきた^ ^


"傷つきすぎたけど まだ間に合うよ"


良い歌詞だ。。


そして本編ラストスパートに突入!


【JESUS】

意外な曲順が多めだった今回のセトリで1番熱くて興奮した1曲!
普段だったらライブの初めの方でしかやらないのに!(だから今回は演奏しないと思ってた)
ライブって曲順が変わるだけで本当楽しみ度が上がる!!


【SHINE】

リリース当時は不評な曲だったけど、俺は当時から好きだった。
去年に引き続き聴けて良かった^ ^


"今以上すべてが輝けばいいね"


\(^o^)/


【TIME IS DEAD】

「もういっちょ行こうかー!!」by RYUICHIってことで最高に上がるこの曲!!


みんな
「TIME IS DEAD!! WORD IS DEAD!!」

RYUICHI
「カモーン!!」

みんな
「TIME IS DEAD!! WORD IS DEAD!!」

RYUICHI
「カモーン!!」

の延々と繰り返される掛け合いが楽しい\(^o^)/


曲中にJ、INORANRYUICHISUGIZOが前方にズラッと一直線で並んでる瞬間何度観てもカッコ良す!


RYUICHI
「全員でかかってこーい!!
全員でかかってこーい!!」


【WISH】

RYUICHIの煽りから予想出来たけど、アンコールのラストじゃないの珍しい!


アリーナだったけど、銀テープ俺のとこには落ちてこなかった^^;


INORANが前に出て演奏してる時に、SUGIZOが後ろからINORANの肩をガッと掴んで、INORANびっくり→INORAN後ろにゴロンとひっくり返り、笑って見下すSUGIZOに向かって足をバタバタさせててかわいかったwww


本編が終了し、無数のスマホのライトが灯る中、アンコールを求める【きよしこの夜】の合唱が始まった。
いつも思うけど、万単位の人間がいる中、1つの合唱になって本当すごい!


そして再登場するメンバー。
SUGIZOスマホのライトを点灯させてた^ ^


RYUICHI
「宇宙に浮かんでるみたいだ!
綺麗だよ、ありがとう!
LUNA SEAのクリスマスソングを届けようと思います。」


【HOLY KNIGHT】

去年のこの時期に発表されたこの曲を演奏。
会場では買えなくて、ダウンロードもなかなか買わなくて、新しいアルバムに入ると思ってたら収録されなかったから最近ようやくダウンロードで買った^^;
綺麗で冬っぽい曲調だし良い曲だ^ ^


RYUICHI
「メンバー紹介したいと思います!
みんなで呼んでくれよ!
ドラムス!」

全員
「真矢ー!!!」

ドラムを叩いてスティックを持って手を上げ、反対の手で脇を隠す真矢w

RYUICHI
「良いねぇ、真ちゃん!
降臨!みたいな!w
先生、クリスマスだから出てきて一言!
あ、やっぱり先生は最後で!
締まりますからね先生の話は!

ベース!」

全員
「Jー!!!」

RYUICHI
「Jからも一言!」

J
「やりにきぃなぁ!w
盛り上がっていこうぜー!!」

RYUICHI
「ギター!」

全員
INORANー!!!」

INORAN
「やりにくいな!w
ついに新しいアルバムが出ました!」

RYUICHI
「ギター!」

全員
SUGIZOー!」

SUGIZO
「今日みんなMC短くない?
クリスマスだからこれから予定あるのかなw」

RYUICHI
「予定はないと思うけどw
長くなっても大丈夫ですよ!」

SUGIZO
「話したいことが3つあります!

まずRYUICHIが話していた"LUNATIC Xmas"。
良いですね!
どんどん広めていってね!」

RYUICHI
著作権が発生しますw」

SUGIZO
「いやいやw

12/23はLUNATIC Xmas、
12/24はXmasイブ、
12/25はXmas。
どんどん格が下がります。」


下がるんだwww


SUGIZO
「毎年12/23にライブをやったら来てくれますか?
家族でも来れるようにファミリーチケットも作ったから、LUNTIC Xmasよろしくお願いします。

2つ目は武道館でもそうだったけど、水素電池で機材を動かしてます。
しかも今回は全員です。

音が良いんでミスするとすぐわかります。
今日もたくさんミスしました。。」

RYUICHI
「いやいや、俺たちもたくさんしてるよ。。」

SUGIZO
「クリーンでエコで音も良くて広めていきたいと思っています!

3つ目はINORANもちょっと言ってくれたけど、新しいアルバムが出ました。
ネットでアルバムの賛否両論が出ています。
やったぜ、ざまぁみろって感じです。
今までLUNA SEAがアルバムを出して賛否両論がなかったことがありますか?
俺たちは新しいLUNA SEAに進みたいんです。
好きじゃなかったらごめんなさい。
これが40代後半の俺たちが信じてるものです。
いくつになってもベストを尽くしたいと思っています。」


そしてSUGIZOからRYUICHIが紹介され、遂に真矢先生の締め!
ドラムセットから出てきてRYUICHIのマイクスタンドを使って話し始めた。


真矢
「俺も話したいことが3つあります!

1つ目!
俺のパンツの丈が短いのはスタイリストさんが間違えたわけではありません!

(スクリーンに足元が映し出された。確かにツンツルテンwww)

2つ目!
俺のパンツの丈が短いのは!
小学生の頃の服だからではありません!
ファッションです!

3つ目!
俺のパンツから細い足首が見えていますが、細いのは足首だけです!

(確かに超細いwwwどうなってんだwww)

要約すると、みんな愛してるってことです!!」


面白かったwww


【ROSIER】

やっぱやるよね!


今回、この曲以外でも勢いある曲でSUGIZOのギターが"ギョワァァァ!!ギョワァァァ!!"と轟いていて、それがすごく格好良くて興奮した!
今までも鳴らしてたと思うけど、今回めっちゃ好きになった!


【TONIGHT】

ラスト!!
この曲もSUGIZOのギター最高にクールだった!、

最後の追加部分に入る直前、


INORAN
「ラスト、行くぞー!!!
行くぞー!!!
行くぞー!!!」


INORANがこんな煽りするなんて超レア!
最高に上がった!!
楽しかった!!


曲が終わり、全員で1つに。


会場に別れを告げるメンバー。


INORAN
「また必ず会おうなー!!!」


うん、必ず絶対行く!!


あと、SUGIZOの顔がアップでスクリーンに映って、水を飲んだと思ったら、ダラ~っと吐いてて面白すぎたwww


SUGIZOが最後に去っていき、スクリーンに来年のツアーのタイトルと日程がエンドロール風に映った。


そして最後にルナフェスの赤いドクロのマークが映って、"次の情報は12/24"的な英語が出た。


後日発表された通りルナフェス開催決定!!
珍しくラルクから花が届いてたから、ラルク出演を期待しつつ続報を待つ!!


それにしても最高のライブだった!!
来年のツアーも楽しみだ!!


セトリ

STORM
Dejavu
TRUE BLUE
Sweetest Coma Again
Hold You Down
Brand New Days
誓い文
Limit
I'll Stay With You
absorb
Drum Solo
Bass Solo
BELIEVE
I for You
JESUS
SHINE
TIME IS DEAD
WISH

HOLY KNIGHT
ROSIER
TONIGHT

BATTLE ROYAL

12/13

a flood of circle
a flood of circle presents "BATTLE ROYAL 2017" 〈DAY-5〉
GUEST:Nothing's Carved In Stone"
@新宿LOFT

今年のライブハウスでのライブ納め!


11月から続いたフラッドの対バンライブのファイナル!
フラッドはロッキンで久々に観たら最高だったからライブハウスで観たいと思ってのが実現!
NCISもロッキンで良かったからちょうど良かった^ ^


この日は超寒い上に入場に時間かかってTシャツ1枚で待ってるのが辛かった。。


中に入ったと思ったら、中のバースペースに沿った形で長い列が出来てた。
ロフトの入場ってこんな手間かかるんだ…と思った。
何度も行ったことあるけど、こんなの初めてだった。


プロレスのように"赤コーナー!"ってな感じでバンド紹介がはじまって、まずナシスの出番。
村松さんは"天然"と紹介されてたw


この日のために2~3日の間、ナシスのロッキンセトリのプレイリストを聴き込んできた。


実際その中でやったのは最初と最後と【Out of Control】の3曲で、聴いたことない曲が多かったけど、結構楽しめた^ ^


ロッキンと同じく【Spirit Inspiration】でスタート!
格好良くてテンション上がった!


村松さんざっくりMC


・バトルロイヤルって誰と戦うんだ?まぁいいや、全員でフラッドオブサークルをぶっ倒そうぜ!


・俺たちが最終日のゲストだからね、1番盛り上がってもらわないとね!


ラストは1stから【Isolation】!
格好良かった!
もっと他の曲もちゃんと聴こう!


セトリ

Spirit Inspiration
白昼
The Poison Bloom
Mythology
In Future
Out of Control
Isolation


そしてフラッド!
好きになったキッカケのアルバムの1曲目【I'M FREE】からで熱かった!


フラッド主催のイベントだけあって、盛り上がりがナシスの比ではなくて凄かった!
3曲目あたりでナシスの楽しさを超えた!


年越しライブもあるけど気持ちは次にいっちゃってるから、今回が実質フラッドの年内最後のライブってことで気合い入りまくってた!


【Golden Time】【Go】【New Tribe】が特に嬉しかった!
踊り狂って楽しすぎた\(^o^)/


a flood of circle - New Tribe


中盤の【Honey Moon Song】の"君を縛る場所から 奪い去ってやる"って歌詞良かったなぁ。。


MCでは村松さんは飲み仲間みたいになってたけど、改めて観たら格好良かったとw
というのは冗談で、憧れのバンドだからこれからもライブ一緒にやっていきたいと言っていた^^


生形さんはサポートギターのテツの憧れのギタリストで会えて感激だったらしい^ ^


姐さんはひなっちっぽく、"ひさっち~!"と呼ばれて照れてた^^


今回は色々奇跡があったようで、ニュース23の人がナシス好きで、バンドの呼び込みの時の声をやってくれたそうだ。


後は歌舞伎町でフラッドの曲が流れてたと。


で、今ここで1番の奇跡を起こそうってことで会場を盛り上げてた^ ^


アンコールでは新曲を今夜解禁することになったという話をしてたら、「…の前にやるわ!!」ってことで【ミッドナイト・クローラー】を披露!
ニゾンの田淵がプロデュースしたそうだ。


そしてナシスの【ツバメクリムゾン】カバーの時に村松さんも参加!
盛り上がりまくった\(^o^)/


めっちゃ楽しかった!
今年のライブハウス納めにふさわしかった!
フラッドは最高のロックンロールバンド!
もっとフラッドのライブ観てぇ!!


セトリ

I'M FREE
Dirty Pretty Carnival Night
Golden Time
青く塗れ
GO
I LOVE YOU
Christmas Time
Honey Moon Song
博士の異常な愛情
Sweet Home Battle Field
ロックンロールバンド
New Tribe
ストライド

ミッドナイト・クローラー(新曲)
Flyer's Waltz
ツバメクリムゾン(with 村松拓)
~Flyer's Waltz(with 村松拓)
見る前に跳べ

TODAY

11/25

THE NOVEMBERS
TODAY
@HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2


ノベンバの小林くんと高松くんの地元で行われた今年最後のワンマンに行ってきた。


今年の2月3月にメンバー一人一人がプロデュースして行われた各ライブの集大成の忘年会的なライブ。
新曲が披露されることもアナウンスされていた。


2~3年ぶりくらいだったかな宇都宮。
その時もノベンバ観に行ったんだった。


宇都宮といえば餃子。
小林くんがツイッターで「正嗣(まさし)」って店を勧めてたから行ってみたかったけど、混んでる気がしたし、時間的余裕なかったからやめた。
"SAI"の疲労が続いてたから早く家を出る力がなかった。。


適当に駅前の空いてる餃子屋行ったけど、特に特別に美味しい感じはしなかった^^;


バスに乗って東武宇都宮駅へ。


受付にクロークあったけど、ネット情報にコインロッカーがライブハウスの中にあると書いてあったので、そこに入れようと思ったら…なかった。。


仕方なくアウターを手に持ってライブ観ることにした。
さすがに着てると暑いから。


ライブは新曲からスタート。
ドリーミィで心安らぐような綺麗な曲。
"笑顔を見たいだけ 寝顔を見たいだけ Today Today"って歌ってた気がする。
たぶん【Today】って曲名になるんじゃないかな。
好みでとても良かった!


2曲目はラルクのカバーの【Cradle】。
高松くんプロデュースライブでも聴いたけど、その時より良く感じた!
原曲よりも好きな感じ!
音源化してほしい!


3曲目は【trick】。
ラルクのカバーが続く。
ボーカルは高松くん。
か細い感じの声だった。


途中で【1000年】に格好良く切り替わった!


続いてさらなる新曲が披露された。
激しめの曲だった気がする。


その後は【救世なき巣】が演奏されたけど、音源と全然違うからこれも新曲かと思った。
後半にもカバー曲が何曲か演奏されたけど知らない曲だったから、新曲なのかカバーなのかわからなかった^^;


中盤は綺麗な曲タイム。
久しぶりに【アマレット】聴けて良かった^ ^


小林くん
「ストロボと音が容赦ないから(笑)。
気分悪くなったら水分はあそこね(ドリンクのとこ指差す)。
アルコールは禁止で。

正嗣行った?(笑)
関係ないけど、福田屋の裏のパーキングで作った曲をやります。」


そう言い、原曲ver.の【marble】を演奏。
福田屋は地元では有名なようだ。
今度宇都宮来るときは正嗣行きたいなぁ。


後半はケンゴの無礼講タイム!
ブレイクオンスルーナイトでは「レモンサワーください」って言ってたのに、今回は「薬用養命酒ください」に変わってたw
小林くんに拒否られたのかな^^;


フロアに降りて客の上に立ってるのかと思ったけど、脚立を持参してたことを後で知ったw


「世界は俺らの手の中!」と何度も叫んでた^ ^


ダークで激しい曲達の中で赤坂ではやらなかった【Blood Music. 1985】やってくれて嬉しかった^^


本編は【GIFT】で締め。
久しぶりに聴けて良かった^ ^


"まだ まだ 僕らは
まだ まだ これから"


良い歌詞だ。。


最後の方でMCに。


小林くん
「今日は来てくれてありがとう。

高松くんの(ラルクのカバー)はオフ会みたいだったね(笑)。
ケンゴのは…すまないけど、お金は返せないんだ。。
B級の忘年会みたいだった(笑)。

(ケンゴが何かを言ったことに対し)え?あぁ、一流の忘年会って何だよって(笑)。

今日の格好は手抜きじゃなくて…手抜きみたいなものかな。
吉木くんの企画で黒の服を禁止したんだけど、今回もそれでね。
ケンゴが服ないからシマシマの服貸したら、『こんなんじゃ格好つけらんねぇ!』って言って古着屋でボンジョヴィの黒いシャツ買ってさ、ピチピチなの(笑)。

普段、音を合わせたり、音がない瞬間が大事だって真剣に話してたのは何だったんだろう。。
今日みたいのでみんなが喜んでるのを観ると間違ってたのかなと思ってたりして(笑)。

また宇都宮に帰ってこようね!
早いけど、良い年を(笑)。」


最後は【Halleluja】で締めくくり。


今年は6回ノベンバのワンマンに行った。
2017年最多記録。
来年の活躍も楽しみだなぁ!


セトリ

NEW SONG1
Cradle(L'Arc~en~Cielカバー)
trick(L'Arc~en~Cielカバー)
1000年
NEW SONG2
救世なき巣
アマレット
marble
きれいな海へ
MATHTADABESTAH(BACK DROP BOMBカバー)
love birds(Hot Snakesカバー)
鉄の夢
Break on through(The Doorsカバー)
dysphoria
Blood Music. 1985
黒い虹
GIFT

Halleluja

"SAI"

11/23

ACIDMAN presents SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI"
@さいたまスーパーアリーナ


ACIDMAN結成20周年記念のフェスに行ってきた!
メンツが最高すぎて行くしかなかった!


来年20周年を迎えるバックホーンやストレイテナーも出演するから20周年祭りの前夜祭的な気分も個人的にあった。


構想3年、オファーしたほとんどのバンドが2つ返事で参加を決めたらしい。


俺の席は400レベルの指定席。
どんな席かと思ったら、ステージが真正面ですごく観やすい席だった^ ^ 


近くの席がたまたまけーまくんだったw


◾️10-FEET

トップバッター!
フェスを良い感じで始めるにはうってつけの存在。
TAKUMAは「10-FEETは地蔵が多いバンドで、2番目3番目だと地蔵が増えちゃうからトップバッターになったんだと思います」と言っていたw


久々に観たけど、定番曲ばかりやってくれたから懐かしかった^ ^
アリーナも盛り上がりまくりだった!


「俺たちが1番ACIDMANから好かれてる」とTAKUMAがアピールw


大木っぽいフレーズを使ったMCもw


TAKUMA
「遠く宇宙の彼方からなら俺たちもACIDMANと変わらない。
ケガしないで楽しめよ!
でも、遠く宇宙の彼方からなら小さいケガはないも同然(笑)。
小さいケガなら良いから大きなケガはするなよ!」


そしてずっと前にACIDMANRIZEでツアーした時の話に。


TAKUMA
「居酒屋で大木くんがレッドウイングのブーツを盗まれてすごい落ち込んでて、みんなで探しに行ったんだけど、そんなん見つかるわけないと俺らは早々と諦めてました。
それでホテルの紙スリッパに"レッドウィング"って書いて、遠くから『見つかったぞ〜!」って手を振ったら大木くんすごく嬉しそうで。
見たらガッカリしてました。。
仲良い友達だったら殴られてたと思うけど、仲良くなりたてだったから、苦笑いされました。
それで仲良くなりました(笑)。」


なんてことを^^;


終盤ではバンド全員でACIDMANに仮装(笑)。
NAOKIはカツラまで付けてた(笑)。


笑ってる大木がスクリーンに映し出された^ ^


そして【赤橙】をカバー。
大木っぽい歌い方とかサトマっぽい煽りが面白かった(笑)


掴みは完全にバッチリのトップバッターだった^ ^


セトリ

RIVER
VIBES BY VIBES
1sec.
その向こうへ
ヒトリセカイ
赤橙 (ACIDMANカバー)
goes on


◾️MAN WITH A MISSION

【FLY AGAIN】と【Smells Like Teen Spirit】しか知らなくて、両方やってくれて良かった^ ^


◾️THE BACK HORN

自分の周りの席の人たちが全員いなくなった。。
アリーナもだいぶ人が減った。。
ま、そんな気はしてたよ。。
みんながわちゃわちゃするようなバンドじゃないもんね。。


そんな気分も一曲目で吹き飛んだ!
【光の結晶】!!!
超久しぶりに聴けてテンション上がりまくった!


周りに人いないから跳ねまくり、歌いまくり!


4曲目には【空、星、海の夜】!
これも久しぶり!
大木が好きで、昔Japan Jamで一緒に歌ったから演奏したんだろうな。
良かった…!


最近出たベストに入ってないこの2曲をやったことにこだわりを感じた。


最後は【コバルトブルー】【刃】のコンボ!
楽しかった!


セトリ

光の結晶

グローリア
空、星、海の夜
コバルトブルー



◾️ASIAN KUNG-FU GENERATION

SEなしで登場。
1曲目は【サイレン】!
久しぶり!熱い!


その後も【Re:Re:】【リライト】と必殺曲を連発\(^o^)/


〜MC〜

ゴッチ
「俺が出て来た時に笑うのやめてよ(笑)。
わかるけどさ(笑)。
ホリエくんに『今日その格好でやるの?』って言われちゃったよ。
俺としてはステージ衣装のつもりだったんだけど(笑)。
大木くんオシャレだからなぁ。
大木くんの帽子取った姿見たことないでしょ?
16年くらいの付き合いになるけど、俺も見たことないんだよ。
今日は帽子から鳩が出てくるかもね(笑)。

今日はケンカしないようにね!
俺が言うのも何だけど。。
俺は楽屋で最弱だから、1番朗らかにしてるんだよ。
TOSHI-LOWさんに殴られないように(笑)。

あと、お尻とか触っちゃダメだよ!
でも、あまりにルールに縛られるのも窮屈だから、人に迷惑かけないで楽しんでね。
もっと踊った方がいいよ。

昨日タイ人にマッサージしてもらったんだけど、『日本人シャイですね、ライブでも全然踊らない』って言われてさ。
今日も来てるかもしれないから、見せつけてやろうぜ!』


冒頭3曲が『ソルファ』縛りだったからそのまま続けるかと予想してたら今年リリースした【荒野を歩け】を演奏。


ソラニン】でまた盛り上げて、【今を生きて】で締めくくった。
最後は【君という花】にすれば良かったのに。。


後でけーまくんに言われて気付いたけど、後半3曲は映画で使われた曲たちだった(笑)。


セトリ

サイレン
Re:Re:
リライト
荒野を歩け
ソラニン
今を生きて


◾️the HIATUS

サウンドチェックで【Clone】を演奏。


本編はまず【The Flare】【Storm Racers】の安定な流れ。


そして【Monkeys】!
ツアーでも聴けたけど、やっぱブチ上がる!!


ダークで激しい曲から一転、多幸感溢れる【Silver Birch】!


〜MC〜

細美さん
ACIDMANとはあんまり仲良くないんだよ。
仲良くないっていうのはよく知らないって意味じゃなくて、気が合わないんだよな。
まぁ、そういう仲間もいるよ(笑)。
あいつら3人俺は大好きだよ。

昔、一吾の顔面に本気で右ストレート食らわしたんだけどさ、あいつ一発で倒れなかったんだよ。
その時から俺は右ストレートを練習するようになったんだ。

(客「なんで殴ったのー?!)

あいつが先に俺にチョークスリーパーしてきたからだよ!
強くなりたいって気持ちを強くしてもらったから感謝してます!

次の曲は一吾、大木、サトマに贈ろうと思ったけど、あいつらだけじゃもったいないから今日ここに来てる同年代のバンドマン全員のために歌います。」


ということで【Little Odyssey】を披露。
しんみり。。


続いて【Insomnia】【Lone Train Running】【紺碧の夜に】と盛り上がる初期曲を連発!
オルタナティブな曲を封印したセトリでサービス精神満載だった!


最後の曲の前らへんで細美さんがこんなことを言ってた。


細美さん
「色々悪態もついたけど、こんなメンツを集められるのもあいつらくらいしかいないかもしれない。
だからまたやってくれ!

今日呼んでもらってあいつらのことが好きなのは俺だけじゃなかったってのがわかりました!」


"仲良くない"とか言い出した時はマジか^^;と思ったけど、オファーを2つ返事で快諾したっていうからツンデレ具合がハンパない^^;


楽しかった♪


セトリ

SC.Clone

The Flare
Storm Racers
Monkeys
Silver Birch
Little  Odyssey
Insomnia
Lone Train Running
紺碧の夜に


◾️BRAHMAN

いつものSEで楽器隊が登場し、【THE ONLY WAY】の演奏が始まり、TOSHI-LOWが登場!


曲が終わると、

TOSHI-LOW
「ACIDMAN20周年!
全力でお祝いするのは俺たち!
BRAHMAN始めます!!」


【賽の河原】炸裂!!


その後も【SEE OFF】【BEYOND THE MOUNTAIN】等、暴れ曲が間髪入れず連発されていった!


しかし、指定席だとどう盛り上がれば良いのか今いち掴めなかった。。
やっぱBRAHMANモッシュするのがしっくり来る。


【Answer For...】の時にTOSHI-LOWがアリーナに降臨!


【警醒】で群がるダイバーと格闘!
面白かったwww


そのままの状態で【鼎の問】を披露。
スクリーンには原発作業員とその言葉が乗ったMVが流れた。
祝祭空間には似つかわしくないけど、TOSHI-LOWの強いこだわりが感じられて良かった。


そしてMCに。


TOSHI-LOW
「今日の華々しいメンツを楽しむために一つだけ言っておきます。
今からが唯一の…おしっこタイムです。
洋次郎も今いってるぞ!」


なんか凄みあのある雰囲気だったから何を言うかと思ったらwww


TOSHI-LOW
「いつもだったら悪口ばかり言っちゃうから今日はやめとこうと思ったけど、みんな結構言ってるから言います。


サトマはアホで、一吾は細美のサンドバッグで、大木はチャラい。

そしてその帽子の中は"う"…
遥か空の上の…"う"…

薄毛がある」


笑ったwww


TOSHI-LOW
「間違えた、宇宙がある(笑)

3.11以前はあの中身を知らなかった。
ACIDMANは3.11以降必ずその日で福島でライブをやっている。

3.11以来、多くのミュージシャンが口を閉ざす中、大木は原発のこと戦争のこと、俺とは違って上品な言葉でしっかりと話してた。
今日は俺たちを仲間として呼んでくれてありがとう。

大木からリクエストあった曲をやります。
これを選ぶなんてやっぱり仲間思いだ」


【今夜】

細美さんも登場し、一緒に歌い上げた。
良かった^ ^


TOSHI-LOW
「今日だけはACIDMANのことだけ考えてくれ!」


セトリ

THE ONLY WAY
賽の河原
BASIS
SEE OFF
BEYOND THE MOUNTAIN
不倶戴天
Answer For…
警醒
鼎の問
今夜 feat.細美武士


◾️RADWIMPS

外に出てメシ食ったり飲んだり休憩タイムに充てた。


◾️Dragon Ash

座りながら観てたら寝落ちしてた。。
終わりの方の【Fantasista】では狼や大木くんに仮装したTAKUMA、一吾とかもステージに出てて、ものすごい盛り上がりだった。


◾️ストレイテナー

トリ前!
アジカンやラッドをここに持って来なかった事にすごいこだわりを個人的には感じてた。
ラッド観たら帰る人とか普通にいそうなものなのに。


いつものSEで登場し、【ROCKSTEADY】【シーグラス】といった勢いある曲連発!


ホリエ
ACIDMANが去年フェスをやるって言って、その時から誘われてたんだけど、俺たちも来年20周年で。
で、俺たちはフェスは無理だなって思ったのでトリビュートアルバムを作りました!
今日はトリビュートに参加してくれたアジカンACIDMANTHE BACK HORN、細美くんはMONOEYESとしてたけど、フェスに参加してくれていて。
"参加してくれて"って俺たちのフェスみたいだね(笑)。
もう俺たちのフェスだ!(笑)」


テナーのフェスになってしまったw


そのトリビュートでACIDMANがカバーした【SIX DAY WONDER】を披露し、続けてピアノ曲の【シンクロ】を演奏。


シンペイ
「なんで俺たちがトリ前なんだろうと思ってたんだけど、今までのバンド観てて分かりました!
みんな濃すぎるんだよね!
それで俺たちがフィルターになってACIDMANに繋ぐっていうね!
むしろACIDMANになったのも気付かないよね!
だってオレ達半分ACIDMANみたいだからさ!(笑)」


確かに濃いかどうかで言ったらその通りかも^^;


ホリエ
「1日1日が未来と昨日を作っていて、今日という日が全てだと思っています。
そういう曲をACIDMANに捧げます。」


そう言って【DAY TO DAY】を披露し、ラストは【冬の太陽】。


最近の曲が多めのセトリだったなーと思った。
メロストとかやれば良かったのに。。


セトリ

ROCKSTEADY
シーグラス
SIX DAY WONDER
シンクロ
DAY TO DAY
冬の太陽


転換中にBooちゃんがMCを。
泣きながらACIDMANの事を語っていて熱さを感じた。。


◾️ACIDMAN

【最後の国】のSEが流れ、覚えのある独特のリズムの手拍子が起き、ACIDMAN登場!


【新世界】でスタート!
サビで何の曲か思い出して、立ち上がった!
サビの"オーオーオーオー!!"にテンション上がる!!


続いて【FREE STAR】!
懐かしい!
サビでは自然と跳ねてた♪


大木
「みんな疲れたでしょう!
俺も疲れました!
全部のバンドを最初から最後まで観てたから。
ご飯食べる時間もウンコしてる時間もなかった!」


笑ったwww
すごく興奮してる感じが伝わってきた^ ^


大木
「次の曲は来月リリースのアルバムに入ってる【ミレニアム】という曲をやります。
まだあんまりライブでやってないし、みんなも疲れてると思うから、いつもは"自由に楽しんでください"と言うんですが今日は言いません。
今日は思い切り楽しんでください!」


初めて聴いたけど、好きな感じの曲だった^ ^


続いてデビュー時からの代表曲の【赤橙】を演奏!
良い流れ^ ^


最近の曲の【最後の星】を演奏するとMCに。


大木
「今まで"世界が終わる"とか"宇宙が終わる"とか"人が死ぬ"とかそういう曲をたくさん歌ってきました。
もちろん終わってほしいわけじゃないんですよ。
俺たちも今日出たバンドもみんなもいつか終わりが来るし、裕福な人も貧しい人も殺しあってる人もどんな人も、命は生まれた瞬間に死ぬことが運命付けられてます。
でも、そう思うと今がかけがえのない日々に思える。
憎み合ったり、殺し合ったりしてる場合じゃない。
愛し合って、許しあって、人生を喜びに溢れるものにしたいじゃないですか。
死ぬことは変えられないけど、生き方は変えられるんだよ。

こういうことは言うとバカにされたり、笑われたりするけど、今もここで笑ってる人いるかもしれない。

学生の時に飲み屋で友達にこういう話してたら10人中8人が寝ちゃって。
バカにされ続けてきたけど、音楽にしたら共感してもらえて。
だから笑われようとこれからも音楽にしていきます。
ずっと同じことを歌っていきます。」


そして演奏されたのは【世界が終わる夜】。
音源こそ持ってたけど、曲名も覚えてなかったし曲自体聴き覚えもなかった。
でも、すごく大木のMCもあってすごく良かった。
心から感動した。。。


そして特別ゲスト2人が呼ばれる事に。
曲の演奏が始まる中、興奮して話し出す大木。


大木
ACIDMANを解散の危機から救ってくれた2人を紹介します!
詳しくは雑誌とかで読んで!
この人たちがいなかったら今の自分たちはいない!
東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦加藤隆志!」


そのエピソード覚えてる!
熱い!
2人を加えて【ある証明】を演奏!
盛り上がりまくった!!


続いて【飛光】!!
個人的にこの日1番ゲキアツな曲でブチ上がった!!


この後に確かMCだったかな。


大木
「音楽は最初は女の子にモテたいからって始めて、そしたら楽しくて、デビューも出来て。
でも、苦しいこともあって。
楽しくて始めたのに何で苦しいんだろう?そんな風に思っちゃダメだとも思ったし。
今日出てるバンドもみんなそうです。
成功してるように見えても苦しいこと、辛いこと、悲しいことがある。
みんなだってそうだと思う。
上手く行かなかったり悔しかったりすることがあると思うんだ。
みんな同じなんだよ。
でも、だからこそこうして集まってるのかもしれない。
音楽には特別な力なんかないかもしれない、俺はあると思ってるけど。
言葉や音じゃない力が音楽にはあると思うんです。
今日出てくれたバンド、本当にありがとう。
次は希望を歌った曲です。」


そう言って【ALMA】を演奏。
年に一回くらいしかACIDMANのライブ観てないけど、必ず演奏してる気がする。
ACIDMANの核となる曲なのかな。


天井から星型に切り抜かれた無数の大きい紙吹雪的なものが降りそそがれた。


大木
「アンコールはやりません。
最後みんなで1つになりましょう!」


ラストは初期のロックナンバー【Your Song】!!
最高の締めくくりだった!!


大木
「総合プロデューサー大木がお送りしました!
最後にベタなやつやっていいですか?」


ってことで出演者全員ステージに揃って記念撮影!
細美さんとTOSHI-LOWが狼の被り物取ろうとイタズラしてたw


一吾が何か言おうとしてたけど、大木が「いいから!」と言って喋らせなかったw


過去の日記読み返してみたら「ACIDMANから離れたけど久々に観たら良かった」って書いてること多くて。
その度ハマることはなかったけど(とはいえオリジナルアルバムの音源は全部持ってる)、今回は本当に良かった!
今回出てたどのバンドより良かった!


大木が来年は難しいけど、またやりたいと言ってた。
ぼっちでも指定席でも全く問題なく楽しめたし、マジでまたやってほしい!


セトリ

最後の国(SE)
新世界
FREE STAR
ミレニアム
赤橙
最後の星
世界が終わる夜
ある証明 ※ゲスト:谷中敦加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)
飛光
ALMA
Your Song

BROKEN SCENE TOUR 2017 AW

11/14

ストレイテナー
BROKEN SCENE TOUR 2017 AW
@マイナビBLITZ赤坂


【ネタバレ注意】


上半期にあったツアーの下半期編。
この日は少し雨が降っていた。
テナーらしいな^^;


テナーはひなっち側で観ることが多いけど、今回はステージ中央の前のゾーンで待機。


SEは最近リリースされたトリビュートの曲が流れてた^ ^


いつもどおりDoshのSEでメンバー登場!【ROCKSTEADY】でライブ開始!
新アレンジじゃなくてちょっと残念だった^^;


TRAVELING GARGOYLE

飛ばしてくるな!と思った!
いい感じ^ ^♪
トリビュートでスペアザがカバーしてたけど、インスト曲になっても格好良い曲だなと思った!


STRAIGHTENER -Traveling Gargoyle Andy [sub español]


【DAY TO DAY】

最近の定番曲。
色んなライブのセトリ見てみたら必ずやってるからメンバー自身が大好きなんだろうな!
イントロがすごく格好いい!

この曲の間奏でホリエが「俺たちストレイテナーです!」と言っていた^ ^


【プレアデス】

久しぶりに聴いたから曲名がなかなか出てこなかった^^;
星の名前が曲名になってるから冬らしい選曲だなと思った。


~MC~


ホリエ
「BROKEN SCENE TOUR 秋冬、赤坂BLITZ改めマイナビBLITZ赤坂(笑)、始まりました!
踊ってくれよー!」


ツアー名に入ってる"AW"って何なんだろ?と思ったら秋冬のことだったのか~。


【The World Record】

グルーヴ感が最高の踊れる曲!
"オォ~オォォ~"って一緒に歌えるのも良いとこ^ ^


【KILLER TUNE】【From Noon Till Dawn】と激しくて楽しい曲を連続で投下!
前半のピーク!


~MC~


トリビュート発売記念企画の、どのバンドがどの曲カバーするか当てるクイズの当選者との面会の話に。
2600人中6人が当てたらしい。


シンペイ的には女性が「(手を前に突き出しながら)あ…!あ…!」ってすごく照れた感じをイメージしてたら、ゴツいおっさん(ひなっち曰く九州のライブハウスの店長みたい)だったとw
柄にもないことはしないもんだなとw


ホリエが言うには丁寧な感じだったけど、上から的な雰囲気があったらしいw


どういう流れか忘れたけど、ひなっちユリゲラーのマネしてたw


ひなっち
「1,2,3,動ケ!」


シンペイ
「今、世界中でユリゲラーのマネしてるのここしかないよなw」


確かに似てたw


ホリエ
「今回のツアーはトリビュートアルバムのリリースツアーでもあるから、これからカバーしてもらった曲をやります。
次はACIDMANがカバーしてくれた曲を。」


【SIX DAY WONDER】

オリジナルver.で演奏。
ACIDMANのカバーでは3段階でアレンジが変化して、最高に格好良い曲になってた!


【シンクロ】

バックホーンがカバー。
熱い曲をカバーするかと思ったら、バラードと意表を突かれた。
改めてすごく良い曲だって思った。


"あの日の約束は果たせなかった
それも今では僕の一部だ"


長い月日を生きてきたからこその歌詞だと思う。
受け入れられなかった自分を受け入れてく人間のたくましさや切なさを感じる。。


【SAD AND BEAUTIFUL WORLD】

数年前のメジャーデビュー10周年記念のライブで聴きたい曲No.1になった曲。
個人的にはすごく意外な結果だった。

でも、そんな大人気曲をアレンジ変えて披露したのは挑戦的ですげぇなって最近思った。
しかもメッチャ格好良くなってるという。

今回のトリビュートでセルフカバーとしてようやく音源化された。


"色彩を失っても
I'LL STAY IN THE SAD AND BEAUTIFUL WORLD
君を忘れる日まで
I'LL LEAVE THE SAD AND BEAUTIFUL WORLD"


狂おしい。。。


STRAIGHTENER -SAD AND BEAUTIFUL WORLD [sub español]


【冬の太陽】

連チャンで激しく狂おしい曲。
majikoという女性シンガーがカバーして、女性の声のテナーが新鮮で良かった。


"過去を書き換えても
未来を操っても
手に入れられないものを"


~MC~


どういう流れか忘れたけど、ホリエがスズメより「チュンチュン」言ってるんじゃないかって話に。
【KILLER TUNE】で"TUNE TUNE TUNE"言ってるから。


で、ホリエがスズメをネズミと言い間違えてたw
ひなっちは「ネズミもチューチュー言うからな」と冷静に反応w


で、ホリエが最近朝起きたらスズメが部屋にいてって話をして、「チュンチュン言ってるからスズメが挨拶しにきたんじゃない?」とシンペイとひなっちが驚きもせず普通のことのように会話が進んだところ…


ホリエ
「目の前を黒いものがシュッ!と横切って、窓開けたらスズメが2羽飛んでったよ」


ひなっち
「2羽?なんでそれを早く言わないんだよ。。」


ホリエ
「つがいでさ。子は産んでなかったけど。」


ひなっち
「そういういやらしい話?」


ホリエ
「うんこはたくさんあったよ(笑)」


OJ
「はい、演奏しようか!」


ひなっち
「OJ下ネタ好きじゃん。
楽屋で下ネタ話してると1番笑ってるよね。
はっはっはっ!って(笑)」


OJ苦笑いw


ホリエ
「全然次の曲に繋げられる話が出来なかったな(笑)。
久しぶりの曲をやります。」


クラムボン・インザエアー】

聴けるなんてこれっぽっちも思ってなかった大好きな曲!
多分この曲が入ったアルバムのツアー以来に聴けたのではないか…。
8年ぶり。。感激。。

ツアー初日の仙台ではこの曲ではなく、【DONKEY BOOGIE DODO】だったから今回ラッキーだった!


"クラムボン歌うよ君が好きだった歌を
クラムボン今も旅は続いているだろう
クラムボン笑うの?それは古ぼけた童話と
クラムボン探そう君が失った今を"


【月に読む手紙】

2月に発売された、ツイッター企業公式アカウントのシャープさんとタニタくんの漫画に特典として付けられたテーマソング。
ロック好きじゃない人にも好かれそうな感じの良曲^ ^


【覚星】

去年リリースされた最新アルバム『COLD DISC』の最後を飾る綺麗な曲。
最後の方のシンペイのドラムが格好良かった^ ^


【原色】

『COLD DISC』最初の曲。
ありのままの自分を貫くという思いが伝わってくる曲。


"そこに立つ僕は 誰の目に映るでもなく
自分の姿でいたい
原色でいたい"


変わりたい自分もいるけど、変わりたくない自分もいる。
変わりたくない部分を大切にしたいと思う曲。


【Sunny Suicide】

曲名に"自殺"と入ってるけど、それとは裏腹に爽やかな曲^ ^


"さあ行こうぜ君が望む場所まで送るからさ
急いで
さあパーティーはこれから"


【Melodic Storm】

大定番曲!
テンポ走りまくりで新しいアレンジかと思った^^;
でも、跳ねまくって楽しく聴けた♪


~MC~

シンペイ
「すげぇ。。
ふと今、1500人の前でドラム叩いてるなんてすげぇなと我に返った!」


ひなっち
「我返り?」


ホリエ
「Return to 我!」


この日最大のキラーフレーズが誕生www


ホリエ
ひなっちも山に登ったりすると我に返る?」


ひなっち
「ライブの翌日に山登りに行くんだけど、てっぺん取ると自分のちっぽけさを感じるよね。」


ホリエ
「それが"Return to 我"だよ!」


シンペイ
「俺のはそういうんじゃないけどね!」


ひなっち
「ちっぽけ系"Return to 我"じゃなくてハピネス系"Return to 我"か(笑)」


面白かったwww


【REMINDER】

My Hair Is Badがカバーして、メチャクチャ格好良かったから改めて好きになった曲!


"そこにある何かが伝えていくだろう
優しさや悲しみや遠い記憶を"


11. STRAIGHTENER (ストレイテナー) - REMINDER [Live] Step Into My World TOUR 2016 DVDrip Disc 1

 
【SENSELESS STORY TELLER SONY

アジカンがカバーしたインディーズの頃の曲。

ライブで聴いたことないし、全然印象に残ってなかった曲だったけど、改めて聴いたらメロディすごく良いし何で今まで良いと思わなかったんだろう!

新たな発見だった!
演奏してくれて嬉しかった♪


【Farewell Dear Deadman

ピロウズがカバー。
穏やかで救いを感じる名曲^ ^


"闇はやがて朝に染み込むだろう
霧が晴れて涙も乾くだろう
傷付いた心が少しは癒えたなら
軋むドアを開け旅だった"


本編ラストにふさわしかった^ ^


~アンコール~

シンペイ
「バイトとするならタウンワーク

…言ってみたかったんだよ、リハの時から。
マイナビBLITZ赤坂から)出禁になるかもしれないけど。」


ホリエ
「ロックだね!
言いたいことも言えないこんな世の中じゃね。」


シンペイ
「…それ、ロックじゃなくてポイズンじゃん?」


会場みんなが思ったことを見事に代弁してくれたw


数ヶ月前に開設されたテナーのモバイル会員サイト、"テナモバ"の話題に。


シンペイ
「昔はファンクラブなんて、けっ!と思ってたけどね。」


ホリエ
「20年やってると変わってくるよね。」


シンペイ
「ありがとうって気持ちになるよ。
入ってくれた人どれくらいいる?

(かなりの人が手を上げた)

おぉ~!
ちなみに(ピクチャー仕様の)チケット取って抜けた人は?
いても上げないか。」


ホリエ
「でも、そういう正直な奴も好きだよ。」


シンペイ
「今ならホリエに好かれるチャンスだぞ!」


さすがにいなかった^^;


ひなっち
「昔はステージでは笑いもしなかったのにね。
ART-SCHOOLってバンドから観てたよ。

"ありがとう"って言うのも"あとう!"って感じでさ(笑)。」


ホリエ
阿藤快!(笑)」


最早誰もツッコミを入れてなかったw


次にテナーLINEの話に。


シンペイ
「またバックホーンの話になっちゃうけど、バックホーンのLINEは2万人いるらしいね。
ストレイテナーは1万人になりました!」


ホリエ
「テナーLINEは毎日シンペイとOJからメッセージが来るよ!」


シンペイ
「あれね、朝に送ってるけどリアルタイムなんだよ。
目が覚めて、頭の上のカーテン開けて天気見てから書いて送ってるの。」


ひなっち
「OJが起きるの遅いのバレちゃうよね(笑)」


OJ
「俺は昼休みを狙って書いてるんだよ。」


シンペイ
「こないだ13時回ってたじゃん(笑)」


OJ苦笑いw


どういう流れか忘れたけど、ここから見てるとみんなの顔がよく見えてるって話に。


シンペイ
「ホリエを観ようとしてるのがよく見えるよ!」


ひなっち
「あくびしてるのも見えてるぞ!」


ホリエ
「でも、俺たちから見えてる時は、みんなから俺たちは見えないんだよ!」


シンペイ
「そうなの?!」


てことで、照明さんに試してもらって確かに逆光なら見えないねってことに。


ひなっち
「じゃあ今、変な顔してもバレないね!」


その瞬間ひなっちに照明が当たって変顔が露わにw


ひなっち
「覚えてろよ、シマダさん!
もうバイクの話してやらねーからな!」


またどういう流れか、世の中の会社は打合せは長いとか、何を打合せするかの打合せがあって、はぁ?みたいな話題に。


ひなっち
ストレイテナーの打合せはいつも内容決まってるよね。
チノさんスズキさんとかとね。

…今日は名前出してく感じなんだよ!

来年のこととかね!
すごいよ!」


ホリエ
「結成20年、4人になってから10年だからね!」


ここで、20年間の自分達の集大成!みたいなこと言ったのかな、ひなっちがこんなことを。


ひなっち
「Return to my 我だよ!」


シンペイ
「我々(笑)。」


そして来年のツアー名を"Return to my 我"にするかみたいなこと言ってたw


そして今週リリースした秦基博とのコラボ曲【灯り】について。


ストレイテナーでも、秦基博くんでもないすごい曲が出来ました!
今日はやらないけどね(笑)。
そのシングルにも入ってる秦基博くんのカバー曲をやります!」


【鱗】

ライブ前にギリギリ音源聴けて、一発で良い曲だなと思った!
爽やかでキャッチー。
原曲も聴いてみようかな。


【シーグラス】

ラスト!
軽快でキャッチーなアップテンポ曲♪

back numberがカバーして、一時期iTunesのロックチャートで1位に。

そのカバーで最後に依与吏くんが歌ってたメロディをホリエも取り入れていた。

あのメロディ紡ぎ出した依与吏くん流石!って感じ。


ストレイテナー - シーグラス (live)


ライブもMCも最高だったし、ライブ後には久しぶりにテナー友達に会えたし、良い夜だった!


セトリ

ROCKSTEADY
TRAVELING GARGOYLE
DAY TO DAY
プレアデス
The World Record
KILLER TUNE[Natural Born Killer Tune Mix]
From Noon Till Dawn
SIX DAY WONDER
シンクロ
SAD AND BEAUTIFUL WORLD
冬の太陽
クラムボン・インザエアー
月に読む手紙
覚星
原色
Sunny Suicide
Melodic Storm
REMINDER
SENSELESS STORY TELLER SONY
Farewell Dear Deadman

鱗(秦基博のカバー)
シーグラス

Bend the Lens

11/12

Bend the Lens Tour 2017
@仙台PIT


【ネタバレ注意】


開場15分くらい前に現地到着。
整理番号は1500近くて、入場まで長く待つことになりそうだから、とりあえずコインロッカーを一つキープ。
何も入れず鍵をかけた。
寒さで体調崩さないように防寒着着たまま待機。


大体10分で500人くらい入るペース。
自分が入る頃までになってもコインロッカーには空きが結構あった。


入場遅かったのに前の方の扉から入っても結構スペースあった。
ウエノさん側で待機。


開演時間を数分すぎた頃、ステージ袖から「おーい!!」とメンバーが気合い入れる声が聞こえてきて、沸き立つ会場!


ほどなくして暗転し、昔の登場SEが流れてメンバー登場!
1曲目は…


【堕天】

まさかのいきなりのレア曲!
2ndアルバム出てから一切演奏してなかったんじゃないか…。
良い曲なんだからやれば良いのにと思ってたから嬉しかった\(^o^)/


The Flare

定番曲!
ものすごい音圧!
ハイエイタスは柏倉さんのドラムの音がデカくて迫力がある!


【Storm Racers】

定番の流れ!
会場のテンションが完全に上がりきった!


【Monkeys】

大好きな2ndの曲!
5thが出てから定番から外れてしまった。
こういうダークで激しい曲また作ってほしいなぁ。


【My Own Worst Enemy】

2ndからのダークな曲が続く。
この曲も前に聴いたのいつかわからないくらいレア曲!

1stが3曲連続で続いて、2ndが2曲と続いたから次も2ndかな、と予想してたら…


【Clone】

5thから!
最近の定番曲。

この曲は空間系で音に広がりがあって、大きい会場で映えそうだなと思った。


~MC~


細美さん
「ハイエイタスです!
今日はハイエイタスをずっと好きでいてくれた人たちのためのライブです!
俺、アルバム出さないでツアーやるの生まれて初めてなんだよ!
そのツアーの初日です!
セトリも長めだし、照明もチカチカしてるから、ポケモンみたいにてんかんになったらセキュリティの人に言えよ!
あと生理のヤツもな!
生理は良いか笑。
ダイブはするなよ!
下の奴が「あれ、頭から血が…」ってなっちゃうから笑。」


生理を話題にしたら他のメンバーが苦笑いしてた^^;


細美さん
「気分いいから酒もいらないな今日は!
…でも一口だけ飲むか笑。

(缶ビールをクイッと飲んで)

ハイエイタスは酒飲みだから、明日ライブあっても関係なく飲むから気をつけないと!
テキーラは禁止な!
俺は全日本テキーラ禁止協会会長だから笑。」


【Let Me Fall】

5thから。
去年のレコ発ぶりに聴けた!
5thの中で結構好きな曲だからこれからもやってほしいなぁ。


【Thirst】

4thから。
3rdもだけど、音楽性がガラリと変わったから最初全然ピンと来なかったなぁ。
今じゃ大好きだけど!
聴いてく内に良さがわかってくる。

この曲辺りから照明の演出が激しくステージを彩るようになった!


【Unhurt】

続けて4thから。
曲の最後の方で細美さんの合図で飛び跳ね始めるとこが好き^ ^
踊れる♪


【Bonfire】

5thから。
5thで1番アバンギャルドな曲だと思う。
ギターロックとは違った格好良さのある曲。


~MC~


masa
「仙台ピットは2回目かな!
…違うか!まぁいいや!笑。
今日は俺の方が楽しみにしてたから!
超えってってくれよー!」


細美さん
「ハイエイタス何年目だっけ?8年か!
8年も…あ、ウエノさん広島のこと言わなくて良い?」

ウエノさん
「もう言うことなしです!」

細美さん
「来年もこの勢いで行くかな?」

ウエノさん
「てか、こんな話題で良いんですか?!」

細美さん
「話が脱線したけど、
自分たちでもあまり聴いたことない音楽を8年も聴いてくれてありがとう!」


【Deerhounds】

3rdから。
ここから4曲連続細美さんがアコギを演奏。
ハイエイタスって曲のバリエーションが多彩すぎて、そんなとこが好き^ ^


The Tower and The Snake】

3rdから。
聴いてる時は曲名がわからなかった上に4thの曲と勘違いしてた。。
そう考えると4thに入っててもおかしくない曲だな。

かなりレアな選曲!


【Horse Riding】 

4thから。
聴きたかった大好きな曲!

祈りを捧げる曲。
心が洗われるような気分になる。
名曲!


【Shimmer】

細美さんが「久しぶりの曲をやります!」と言って演奏を始めた3rdの曲。

ずっとライブで聴けたら良いのにと思ってて、今年のフジロックで演奏したのを知った時からこうして目の前で聴けることを期待してた!
感激!
この曲聴けただけでもこのツアー来て良かった!


~MC~


細美さん
「自分たちでやってて鳥肌が立つなぁ…!
最近聴くようになったヤツらはごめんな!
昔の曲ばっかりで。
でも、本当良い曲ばかりだなぁ。
毎回アルバム出す必要なかったなぁ笑。
ラジオで今回のツアーでやってほしい曲募集して、その1位になった曲をやります。
て言っても20票くらいだけどな笑。
飛び抜けてってのがなくて。
【Brainwasher】2票、【Doom】1票とかな笑。」


【Little Odyssey】

1stから。
伊澤さんのキーボードと細美さんの歌のみの演奏。
これも前いつライブで聴いたかわからないほど久しぶりの曲!

歌を聴いてて細美さんマジで歌うめぇ…と思った。。
ビブラート綺麗だし、聴かせる曲でも十分人(ロック好きじゃない人でも)を魅了出来ると思った!


【Antibiotec】

2ndから。
これもめちゃくちゃ久しぶりな曲。

柏倉さんのドラムがすごく格好良かった!

この曲だけ曲が終わっても拍手がなくて、緊張感があって良かった。


【Something Ever After】

4thから。
この世にはもういない仲間たちへ歌った曲。

定番曲から外れたけど、これからも節目節目でも良いから演奏し続けてほしい。
名曲。


【Insomnia】

2ndから。
アンコールの時に細美さんが「嘆きたい時はハイエイタスのライブに来てくれ」的な事を言ってて、この曲が俺にとっては最高の嘆き曲!


"Please come back  to me
When I can get to be the right one"


カタルシス。。


【Lone Train Running】

1stの曲だけど、去年くらいからすごく好きになった曲!
メロディが最高に良い!
歌詞は切ないけど、盛り上がって楽しい\(^o^)/


【紺碧の夜に】

1stから。
終盤の大定番曲!
ダイバーが大量発生してた。
巻き込まれなきゃダイバーも笑顔で見てられるな^ ^


【Sunburn】

本編ラストは5thの最後の曲。
当人達はやっぱり今はこのアルバムが1番好きなんだなと思った。

正直あんまピンと来ない曲だったけど今回聴いて、良いと思えた^ ^


~アンコール~


細美さん
「もっと早くこのツアーやれば良かったなぁ!
ハイエイタスはフェスではセトリがいつも同じでさ。
フェスだから仕方ねぇんだけど。
本当にハイエイタスが好きな人のためのライブをやってもらいたいって意見があって、願ったり叶ったりだと思ってさ、今までの歌詞全部見直したの。
今歌いたい気持ちの曲ねぇかなって。
そしたらハイエイタスの歌詞って暗いんだよね苦笑。
抽象的だし。。
大人になってさ、過去にしたこと、傷つけてしまった人たちに『ごめんなさい!!』って嘆けるのはこのステージくらいなんだよ!
さっきやった【Little Odyssey】って曲に"宇宙船が行ってしまった"って歌詞があるんだけど、ガキの頃キラキラ輝いてた世界があって、大人になったら『あ…宇宙船行っちゃった…』ってさ。
44歳の今じゃあの頃と同じ気持ちにはもうなれないんだよ。
お前らも置いてかれた側だと思うんだけどさ。
あ、落としたいわけじゃないよ笑。
世の中明るく元気があるけど、嘆きたい時はハイエイタスを聴いてください!
これからもよろしく!
なんだこりゃ笑。」


【Radio】

5thから。
現状の定番曲。
5thは音楽的冒険より、力強い良質なメロディなさの曲が多い印象。
サビの最後のオ~オ~が良い感じ^ ^


細美さん
「今日のラストはこの曲だー!


【Silver Birch】

1stから!
ラストにふさわしいピースフルで楽しい曲!
飛び跳ねまくって楽しんだ\(^o^)/


久しぶりの曲がたくさん聴けて良いライブだったー\(^o^)/


でも、【Centipede】とか【西門の昧爽】とか【On Your Way Home】とか聴きたい曲はまだまだあるから、こういうツアーまたやってほしいなぁ!


セトリ

堕天
The Flare
Storm Racers
Monkeys
My Own Worst Enemy
Clone
Let Me Fall
Thirst
Unhurt
Bonfire
Deerhouds
The Tower and The Snake
Horse Riding
Shimmer
Little Odyssey
Antibiotec
Something Ever After
Insomnia
Lone Train Running
紺碧の夜に
Sunburn

Radio
Silver Birch

種を蒔く 〜種〜

11/4

ハルカトミユキ
溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く ~種~
@名古屋 BL cafe


【ネタバレ注意】


ハルカトミユキの『溜息の断面図』のリリースツアーのアコースティック編に行ってきた。


マニヘブのために名古屋に向かってる途中か前日あたりに、マニヘブの次の日にこのライブがあることに気付いて。


友達に会ったりするために名古屋に一泊するし、当日券あるし、東京公演行けないしってことで行くことに。


会場はマニヘブのギャラリーで使われたとこと同じとこ。
イスが並べられた指定席スタイル。


最後の方に入ったけど、運良くハルカ側の2列目の席に座れた。


今回のツアーはハルカとミユキの二人だけの編成。
一曲目は…


【青い夜更け】

ここ1年くらい定番曲から外れた曲。
久しぶりに聴いた感あるけど、やっぱり良い曲。

"ラララ 声を聞かせて
ラララ 話をして"


【POOL】

バンド編成のライブでは聴いたことが多分ない曲。
もしかしたらライブで聴く事自体初めてだったかもしれない。
2人編成のライブだとこういうレア曲もやるから、今後も必ず行くようにしよう。。


【ナイフ】

この曲は間違いなく初めて聴けた!
好きだったけど全然ライブでやらないから、いつしか演奏されることへの期待すらしなくなった曲。
このツアーマジで来て良かった。。


【世界】

今回演奏された唯一明るい曲。
元々明るい曲が少ないから仕方ないが。。
でも、この曲は素直に希望を感じさせてくれる曲だから大好き^ ^


ドライアイス

定番曲。
ハルカは"希望の曲"というけど、めっちゃ暗い曲。
でも最近好きになってきた。


"ただ生きていて
こんな世界に今更期待などしない
閉じ込められた果てに僕らは
みんな壊して笑ってやるよ

みんな失くして笑ってやるよ"


もうヤケクソになってるようにしか感じない。。


ハルカトミユキ "ドライアイス" (Official Music Video)




【シアノタイプ】

大好きな曲。
この曲もメチャクチャ暗い曲だけど、未来への期待を歌った曲だと後に知って、ちょっとショックだった。。
ま、聴き手がどう感じても良いよね。。


"もうちょっとだけ 近くにいたいのは
僕のわがまま
でも できるなら君を好きな僕を許して

ああ 本当はずっと先を期待してしまうけど
ああ 言わないでおくから今はただ笑って"

 


ハルカトミユキ 「シアノタイプ」 LIVE



【木蓮の涙】

スターダストレビューのカバー曲。
初めて聴いたけど、心に響くメチャクチャ良い曲だった…!
歌いたいレベル!


【手紙】

このライブの前日に配信リリースされた新曲。

この曲の歌詞についてハルカは、手紙は普段言えないことを書くもので、歌詞も同じようなものだと思ってる、今回の歌詞はそういうことが書けたと思う、というような事を言ってた。

映画『ゆらり』の主題歌にもなってるから、映画観に行ってみようかな。


【終わりの始まり】

『溜息の断面図』から。
ここまで全然このアルバムの曲やらないから、リリースツアーだってことを忘れてたw

Aメロがバックホーンの【コワレモノ】みたいで良い^ ^


【バッドエンドの続きを】

大好きな曲!

"僕にはバッドエンドが似合うよ"

と最初は絶望でいっぱいだけど、最後に

"生きるよバッドエンドの続きを信じて"

と立ち上がって曲は終わる。
人間のたくましさを感じる。

個人的にはバックホーンの歌詞っぽいと思ってる。

 


ハルカトミユキ「バッドエンドの続きを」LIVE



【嵐の舟】

『溜息の断面図』から。
2月にライブで初めて聴いた時も思ったけど、やっぱりLUNA SEAっぽい雰囲気を持つ曲。
良い曲だから今度歌詞もじっくり読もう。


【Fairy Trash Tale】

『溜息の断面図』から2曲連続披露。
この曲はまだピンと来てない曲だったので寝落ちしそうになった。。


【その日がきたら】

これも定番曲から外れた曲。
めちゃくちゃ暗い曲だけど好き。
退廃的だけど、それだけじゃない。

このライブに来れて本当に良かったとまた思うのであった。。

 


ハルカトミユキ 『その日がきたら』



【宝物】

『溜息の断面図』から。
穏やかな気持ちになれる曲。


【種を蒔く人】

最後の曲。
『溜息の断面図』のラストナンバーでもある。
救いや希望を感じさせてくれる曲。

「花が咲いてないと思う人は、種を蒔いて花を咲かせてください」といったようなことを曲の前にハルカが話しててちょっと感涙しそうになった。。


来年のバンド編成のツアーも楽しみだな!
『溜息の断面図』をもっと聴き込もう。。


セトリ

青い夜更け
POOL
ナイフ
世界
ドライアイス
シアノタイプ
木蓮の涙(スターダストレビューのカバー)
手紙
終わりの始まり
バッドエンドの続きを
嵐の舟
Fairy Trash Tale
その日がきたら
宝物
種を蒔く人